ここから本文です

アトレティコが異例の9年契約延長! U-21ユーロ得点王の契約解除金が驚きの額に…

7/2(日) 7:20配信

フットボールチャンネル

 アトレティコ・マドリーが1日、チームに所属する22歳のスペイン代表MFサウール・ニゲスとの契約を更新したことを発表した。契約期間は異例の9年間と長期で、2026年6月までとなっている。フランスメディア『tf1』によると、同時に契約解除金は1億ユーロ(約128億円)に設定されたという。

 ニゲスはレアル・マドリーの下部組織に在籍した後、2008年にアトレティコの下部組織に移った。そして、2012年にトップチームに昇格し、2013年夏から1年間はラージョ・バジェカーノにレンタル移籍している。

 2014年夏にアトレティコに復帰したニゲスは徐々に主力に定着し、今季は公式戦53試合出場で9得点4アシストという結果を残した。スペイン代表としては2016年9月に行われたベルギー代表との親善試合でデビューを果たしており現在までに3試合出場している。先月開催されたU-21欧州選手権ではスペイン代表として出場し、準優勝に終わったが自身は大会5得点で得点王に輝いていた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)