ここから本文です

コドラって何をするドライバーですか? エムリット小島なつきさんに聞いてみた。【Great Race 2017】

7/2(日) 6:38配信

clicccar

ラリーなどの競技で耳にするコドラ。コドライバーの略ですが、小さいドライバーではありません。

【この記事に関連する別の画像を見る】

グレートレースで国沢光宏さんが出場している車両、スバル360でコドライバーを務める小島なつきさんにコドラとはなんなのかを聞いてみました。



* * * * *

--- 国沢光宏さんが北米大陸を4000km以上も走るグレートレース。それもあのスバル360で! そもそもそんなクルマでそんな距離を走れるのか?って思いますが、小島さんがコドラになることになったのはなぜなんですか?

小島 元々、私が勤めている会社(車載エアコン用フィルターのエムリット社)の社長が国沢さんと知り合いで、そのご縁で行くことになりました。 最初はただ見に行く程度だったんですけど、スバル360は小さくて軽いから、私みたいに小さいコがちょうどいい、ってことで決まったんです。



--- ということは、これまでラリーやモータースポーツの経験は?

小島 まったくないです! 実家が近かったので鈴鹿サーキットの遊園地には子供のころよく遊びに行ってましたけど(笑)

--- クルマ自身への興味や関心は?

小島 普段からクルマの運転はしますし、バイクも乗りますよ~。だけど、クルマが趣味で特に好きだというわけではないです。

--- じゃあ、まったく初めてコドラになったわけですね。やってみてどうでしたか?

小島 最初はホントにまったく何もわからなかったんです。けれど、こっちへ来てみて周りの人が、例えばコマ図(ラリーのコースを正しく走るためヒントや方向だけが書かれたもの)の読み方とか、いろいろ教えてくれたので、とても助かりました。



--- 難しかったことは?

小島 とにかく最初はコマ図を見間違わないように、看板や標識などを見落とさないようにしてミスコースだけはしないように頑張りました。ポイントを行きすぎて戻ることはあっても、いまのところミスコースはしていません。

--- 嬉しかったことはありましたか?

小島 ランチタイムやその日のゴールで立ち寄った町の人や、コースの途中の路肩で応援してくれて歓迎してくれる人がたくさんいて、すごく感激しました。それと、昨日のあるセッションでついにエース(基準タイムのプラスマイナス0秒)を獲得しました! これは感動しましたね~!!



--- 今回のこのグレートレースで目指すことは?

小島 日本から来た、こんなに小さいクルマと私が頑張っているんだ、というのがアメリカの人にも、日本の人にも伝わるといいですね。それと、もちろん、完走できるようにしたいです。

--- では残りのグレートレースも、頑張ってください。

小島 ハイ、頑張りますので、チームクニサワ、スバル360を応援してください。



* * * * *

小島さんは小さな身体に大きなパワーを秘め、英語も堪能でいつもニコニコ疲れを見せずに頑張っています。おかげで国沢さんもリラックスして走ることができているはずです。ぜひ、小さな日本の元気の伝道師として頑張ってくださいね。

(clicccar編集長 小林 和久)

最終更新:7/2(日) 6:38
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)