ここから本文です

使いこなせば超便利! 今すぐ買えるオススメ[ウェアラブル端末]3選

7/2(日) 16:00配信

週刊SPA!

「ウェアラブル元年」と謳われた’15年からはや2年。その勢いは衰えるどころか新商品が続々と登場中。そこで、SPA!編集部が最新ウェアラブルガジェットのなかからオススメ商品を厳選してみた!

⇒【写真】腕時計タイプも

◆映像を体験するARガジェット

 まず注目したのは、エプソンの「MOVERIO BT-300」だ。見た目はいわゆるメガネだが、グラス部分がディスプレイになっている。内側からグラスを見るとスマホのようにアイコンが浮かんでおり、YouTubeなどを楽しむことができる。昨今はバーチャルな世界に没頭できるVR(仮想現実)が何かと話題だが、こちらはAR(拡張現実)。周囲の風景を取り込みつつデバイスに映し出される映像などを楽しむことができるため、VRとは違った使い方が楽しめる。例えば、“ながら”作業。シースルーなので、混雑した電車で周囲に配慮しながら、資料を確認したり動画を楽しんだりできる。時間効率の大幅アップを実現できるため、忙しいビジネスマンの強い味方となってくれるはず。

【MOVERIO BT-300/エプソン】

シリコンOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。BluetoothやWi-Fiなどにも対応し、さながらグラスの形をしたスマホ。メガネタイプゆえかけるだけで大画面の映像を堪能できる

実勢価格:7万1359円

連続駆動時間:約6時間

本体サイズ:ヘッドセット191×178×25mm(シェード除く)、コントローラー56×116×23mm(突起部除く)

質量:69g(ケーブル・シェード除く)、コントローラー129g

◆最高のアウトドアを手に入れる

 お次は、カシオの「WSD-F20」。一見すると、デジタル腕時計だが、何とアンドロイドOSや圧力センサー、加速度センサーなども搭載する、れっきとした高性能ウェアラブルデバイスなのである。肝心の機能面だが、低消費電力のGPSを搭載。加えて、盤面がディスプレイとなり、カラー地図も表示してくれる。地図はオフライン利用もできるため電波の届かない登山などのアウトドアで活躍すること間違いなしだ。コンパクトなサイズに凝縮された便利機能に加え、デザイン性も抜群! 何とも言えない骨太な見た目が男ゴコロを猛烈にくすぐる!

【WSD-F20/カシオ】

スマートフォンと連携する必要はあるが、圧力センサーや加速度センサーのほかにもジャイロセンサーや方位(磁気)センサーを搭載し、単体で使える機能も。タッチパネル対応

実勢価格:4万5980円

連続駆動時間:約1日(通常使用・カラー表示)

本体サイズ:約61.7×57.7×15.3mm

質量:約92g(バンド含む)

◆スタイリッシュな健康管理を!

 健康に気を使う人にとってカロリー消費などの毎日の活動量を把握することは重要だ。そこで活躍するのが「Fitbit Alta HR」。ライフログ記録デバイスとして定評のあるFitbitが送り出す、シリーズ史上もっともスリムなデザイン。一方で、ライフログを記録する機能はもちろん、着信通知など細かな機能も兼ね備えている。この手の商品で気になる電池の持ちも、最長7日間持続するので、バッテリー性能も申し分はなし。一駅余分に歩くなど健康に気を使う人は多いと思うが、自分がどれだけ頑張ったか、その成果が見えるとやる気もアップするもの。その点、これなら手軽に健康管理ができ、なおかつスタイリッシュな見た目なので、ファッション性も◎。

 高額なイメージのあったウェアラブルデバイスも、今や価格は安定化。使いこなせば仕事やプライベートの時間が、より充実すること間違いなし。今回取り上げたようなウェアラブルデバイスを駆使することで、日々の生活をより充実したものにしてみてはいかがだろうか。

【Fitbit Alta HR/fitbit】

「歩数やカロリーなどの基本的なライフログはもちろんのこと、心拍計やメッセージなどの通知機能、リマインダーも備える。睡眠の記録にも対応しているので、1日の活動を記録できる

実勢価格:1万9079円

連続駆動時間:約5日

本体サイズ:22.5×11.2×3.9cm(Sサイズ)

質量:約240g(バンド含む)

取材・文/SPA!編集部

日刊SPA!

最終更新:7/2(日) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた