ここから本文です

夏の外遊びとおしゃれを完全に両立する、コスパ最強の車5選

7/2(日) 5:20配信

東京カレンダー

クルマ音痴の東京カレンダー編集者・船山を一人前のクルマ担当に育てる本連載。自動車を得意とするベテランライター・サトータケシが、全日本クルマ音痴代表の編集部員船山(通称ふなっしー)に、わかりやすくクルマの魅力を解説します。

【この記事の全ての写真】

今回のテーマは、「いよいよ夏到来!外遊びに向いている車って何?」

サトー:とりあえず、今年の夏は何をしたい?

船山:ん~、去年、初めてフジロックに行って脳天に稲妻が落ちたので、今年もフェスですね。あ、サトーさん、いま心の中で「フェスより盆踊りがお似合いだよ」って思ったでしょ?

サトー:お、お、思ってないよ!

船山:いいんです。今年の夏、僕は大ブレイクするんです。フジロックはオザケンで泣いて、サマソニはブラック・アイド・ピーズで踊り倒す! で、フェスに似合うクルマってなんかありますかね?

サトー:そうだねぇ、ロックな気分だと、まずはザ・ビートルかな。

船山:そのココロは?

サトー:1960年代のアメリカ西海岸にフラワームーブメントというのがあって、フォルクスワーゲンのビートルってクルマはラブ&ピースの象徴だったんだよ。

船山:なるほど、確かに平和な感じはしますね。ジャック・ジョンソンなんか聴きながらフェスに向かいたいです。サトーさん世代はビーチ・ボーイズですかね(笑)。

サトー:逆襲に転じたな。まぁいい、あとロックってことだとMINIかな。ビートルズもポール・ウェラーもMINIだった。

船山:へぇ、ビートルズはMINIに乗ってたんですか?

サトー:そう、初代のMINIね。ビートルズが使っていたアビイ・ロード・スタジオの駐車場が狭かったから、という説がある。

船山:MINIだったら、The 1975とかUKモノで気分を出したいっすね。サトーさんはディープ・パープルとか?

サトー:わ、わかった。「田舎モノ」vs「おっさん」の不毛なバトルはもうやめよう。

船山:ふふふ、いつも言い負かされているのでちょっと嬉しいです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)