ここから本文です

あのデロンギの衣類乾燥除湿機で 梅雨の季節の部屋干しにチャレンジ!

7/2(日) 12:01配信

CREA WEB

 梅雨になると洗濯物がカラッと乾かないのがツライですよね。部屋中に洗濯物を干すと、見た目も悪いし、洗濯機の乾燥機能は電気代がかさむから使いたくない……と、お困りの皆さん。デロンギの衣類乾燥除湿機で、部屋干しの悩みを解決しませんか? 

調理家電とオイルヒーターそれだけじゃない!

 日本でデロンギといえば、全自動コーヒーマシンなどの調理家電や、オイルヒーターなどの暖房器具で有名。が、実は、デロンギはヨーロッパを中心に、空調家電も多数発売しているのです。

 昨今、PM2.5を始めとする大気汚染や花粉の飛散などで空気環境は年々悪化。屋外に衣類を干すと花粉や有害物質が付着して、ちょっと気になるな……と思う人も多いでしょう。そこで、デロンギが、日本に空調家電第1号として投入したのが、衣類乾燥除湿機です。

デロンギ・ジャパン
「デロンギ タシューゴ アリアドライ マルチ 衣類乾燥除湿機 DEX16FJ」
オープン価格(実勢価格約29,880円/税抜)
http://oilheater.delonghi.co.jp/product/dehumidifier.html

 商品名の「タシューゴ アリアドライ」は、イタリア語で「あなたのために空間を乾かす」という意味。衣類乾燥だけでなく除湿機能も搭載しているから、衣類じゃなくて「空間を乾かす」のですね。

 本体はブランドのイメージカラーでもあるブルーを基調としたシンプルなデザイン。操作に必要なボタンは、右端の電源ボタンと、左端のモードボタンだけ。

 アイコンは右から、霜取りランプ、タンクランプ、お部屋除湿モード(弱・中・強)、衣類乾燥モード。

 A4大のスペースがあれば設置できるコンパクトサイズなのも魅力。このモデルはヒーターを使わないコンプレッサー式を採用。除湿をしても室温が上がりにくいので、蒸し暑い梅雨も快適に使えます。

 除湿した水は側面のタンクに溜まる仕組み。「タシューゴ」は、1日約7.2リットルも除湿ができるパワフルさが魅力です。

 背面はこんな感じ。

 編み目の部分に銀イオン抗菌フィルター(透明なフィルター)と抗アレルゲンフィルター(青いフィルター)を搭載しています。このWフィルターで菌や花粉、ダニのふんや死骸を抑制してくれます。

 では、さっそく使ってみましょう! 

1/2ページ

最終更新:7/2(日) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2018年1月号
12月7日発売

特別定価800円(税込)

ふたり一緒にあれもこれも
楽しいデートしよう!

東方神起 スペシャルインタビュー&ポストカード
東京・肉レストランガイド