ここから本文です

【ひよっこ通信(14)】“ビートルズ狂想曲”もピーク! そして、乙女たち再び

7/3(月) 7:40配信

ザテレビジョン

ストーリーはもちろん、劇中でのゆる~いトークも注目を集める、有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】有村架純演じるみね子の“キョトン顔”もキュートと話題に!

6月26日からの第13週では、峯田和伸演じる“みんな大好き宗男さん”が東京に現れ、みね子(有村)やあかね荘の住人たちを巻き込んで大はしゃぎ。おかげで「宗男さん」という言葉が、一時トレンド入りするほど人気が過熱した。

宗男が、早苗(シシド・カフカ)や漫画家コンビはもちろん、クールなイケメン大学生・島谷(竹内涼真)までも星空に向かってビートルズに呼び掛けさせる場面は、「さすが宗男さん!」と言うほかない、アクの強さを見せてくれたべ。

本作のあらすじを全156回分毎週紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は第14週『俺は笑って生きてっとう!』の第79~84回までの1週間をまとめて予習する。

ちなみに、“ひよっこ記者”的に第13週で注目した人物は、かなり久しぶりの登場となった南海キャンディーズ・山崎静代演じる宗男(峯田)の妻・滋子だ。

元々宗男は恐妻家の設定であることは理解していたが、2人の“その空気感”があまりにもナチュラル過ぎて、一瞬で長年連れ添ってきた夫婦の画が想像できたべな。

それと、同時にいきなりのファイティングポーズには、絶対に笑わずにはいられない芝居がそこにはある、と強く思ったんだっぺよ。

さ~て、第14週の「ひよっこ」は…?

■ 第79~84回/7月3日(月)~8日(土)放送

ついにビートルズが来日し、みね子が働く赤坂も大いに盛り上がっていた。

そんな中、急に柏木(三宅裕司)があんみつを振る舞ってきたので、鈴子(宮本信子)が疑いの目を向けると「弁当作りを安請け合いしてしまった」と白状する。公演の警備員600人分を用意しなければならないのだという。

公演前夜、あかね坂商店街総出の赤飯作りが始まる。柏木堂の親子と福翠楼の夫婦、あかね荘の住人たち、さらには滞在中の宗男がすずふり亭に集結。

米が蒸し上がるのを待つ間、省吾(佐々木蔵之介)が宗男に「戦争中はどこにいたのか?」と尋ねる。そこで語られた戦争体験は、ビートルズへの思いにつながるものだった。

すると、島谷(竹内涼真)は宗男の熱い気持ちを知り、ある行動に出る。公演初日、宗男の妻・滋子が突然すずふり亭に現れる。慌てて逃げようとする宗男に、滋子は意外なものを手渡す。

お祭りのような日々が過ぎたある日、向島電機・乙女寮の同窓会が開かれることに。省吾の心遣いで貸してもらったすずふり亭で、みね子が待っていると、時子(佐久間由衣)と澄子(松本穂香)、豊子(藤野涼子)、幸子(小島藤子)、優子(八木優希)ら寮の仲間たちがやってくる。

■ ひよっこ記者の裏ネタ

主人公・みね子の叔父・宗男を好演している峯田は、2016年には「奇跡の人」(NHK BSプレミアム)で主演を務めるなど、近年は俳優として幅広く活躍している。

今作では若干…というか、かなりちゃんぽらんで変なおじさん(だっふんだ!)を演じているけども、“本職”はパンク・ロック・バンド「銀杏BOYZ」のメンバーという硬派な男だ。

本作で演じる宗男について、峯田は「宗男は明るいですし、居るだけで面白い人です。でも、若いころに戦争体験があるという“裏打ち”があっての宗男の生き方なので、演じがいがありますね」と、先日の取材で語っていたっぺ。

久々の登場でもコミカルなやりとりを繰り広げた、人生の“相棒”については「山崎さんとは初めてお会いしたんですけど、(あるシーンの撮影中に)ずっと涙を浮かべていて、すごい方だなと思いました。宗男と滋子は、ほほ笑ましい夫婦ですよね」と脱帽しつつ、ほっこりしているんだと。

“ビートルズ狂想曲”もいよいよオーラス! 果たして祭りが終わった後、“アンコール”は鳴り響くかのう?

記事提供社からのご案内(外部サイト)