ここから本文です

海洋散骨会社設立の経緯 埋葬等に関する法律への抵触は?

7/3(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 さまざまな選択肢がある時代、どのように最期を葬られたいかも多岐にわたる。土に還るのが樹木葬だとしたら、海洋散骨は、海に還るというもの。お墓の悩みを抱えた人たちの間で近年注目を集めるサービスがある。それは、株式会社ハウスボートクラブ(東京都江東区)による海洋散骨サービス「ブルーオーシャンセレモニー」だ。とある日は、5組13人がクルーザーに乗り、東京・羽田沖で合同乗船散骨を行った。なぜ、海洋散骨をしようと考えたのか、その背景をクルーザーに同船したノンフィクションライターの井上理津子氏が迫った。

 * * *
「ゆっくりと青い海に沈んでいく遺骨はきれいで」

 下船して、ハウスボートクラブの社長に会った。村田ますみさん(43才)。女性がなぜ海洋散骨の会社を?とまず知りたい。

「2003年に、私自身が母を沖縄の海に散骨したんです。その体験からです」

 詳しく教えてもらう。

「母は急性白血病になり、9か月間の闘病生活をして55才で他界しました。闘病途中から、私は勤めていた会社を辞めて看病に専念したんですが、母は病床で『お墓には入りたくない。伊江島の海に撒いて』と強い思いを口にしたんです」

 母はダイビングが趣味。父と2人で国内外あちこちに出かけて潜っていたが、特に魅せられていたのが沖縄の離島・伊江島の海だったという。

 村田さんの父は6人きょうだいの末っ子。先祖代々のお墓は父の長兄が継いだが、その人の計らいで、きょうだい全員とその妻が入れるように改修済みだった。つまり、母に家墓は用意されていた。なぜ、そこに入りたくなかったのだろう。

「今となっては、推し量ることしかできませんが、父方の先祖――母にとっては知らない人たちが入っているお墓が『心休まる場所』でなかったのだと思います」

 散骨は、市民団体「葬送の自由をすすめる会」が1991年に「自然葬」として相模湾沖で始めたのが最初とされるが、まだまだ知る人ぞ知る存在だった頃だ。村田さんたち家族は、母の死後1年間、心の整理がつかずに遺骨を手元に置いた後、一部を家墓に納骨し、大多数を伊江島に散骨することにした。

1/3ページ