ここから本文です

「ルイ・ヴィトン」 × 「シュプリーム」、世界8都市で大行列

7/3(月) 23:01配信

WWD JAPAN.com

 6月30日、世界8都市で「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」 × 「シュプリーム(SUPREME)」のポップアップショップがオープンした。

 東京の他、パリ、ロンドン、ロサンゼルス、シドニー、北京、ソウルで開催している。マイアミの店舗は「ルイ・ヴィトン」店舗の3階にある展示スペースで開催しているが、それ以外はこのイベントのために特設会場を用意した。

 マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)会長兼最高経営責任者は、以前からポップアップショップの場所はインスタグラムでオープン直前に告知することを明らかにしていたが、「今回はマーケティングもプレスリリースもしない。顧客に迎合するつもりはなく、対等なコミュニケーションがしたいからだ。供給する情報は最小限にする」とコラボレーションに対する姿勢を語っていた。

 東京では南青山の「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」や「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」の路面店が立ち並ぶ一角にオープンした。前日の夜から行列ができ始め、最終的に7000人以上が並んだという。30日朝9時に抽選で選ばれた400人に入場券が配布され、11~20時の営業時間内のどこかでショッピングを楽しんだ。11時45分に大きなショッパーを抱えてポップアップショップから出てきた中国人男性2人は、朝6時から並んでいたという。

 ロンドンでは普段英国ファッション協議会がショー会場としても使用しているイベントスペース「180ザ・ストランド」にオープンした。行列に並んだ客層は主に男性で多人種、かつミレニアル世代が多く、中には10代の姿も見られた。同会場では3月にドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)がサンプルセールを開催し、ファッショニスタがひしめく行列で話題になったが、今回のポップアップショップの行列は少なくともその2倍の長さだった。

1/3ページ

最終更新:7/4(火) 17:15
WWD JAPAN.com