ここから本文です

贅を尽くしたスワロフスキー令嬢の結婚式

7/3(月) 7:00配信

コスモポリタン

クリスタルを製造する世界屈指のジュエリーブランド<スワロフスキー>。そんな名家の御令嬢で、オーストリアでは歌手としても知られているヴィクトリア・スワロフスキーが最近挙げた結婚式が豪華すぎると話題に!

【写真】貴族に親が不動産王!生まれが贅沢すぎる海外セレブ10

実はまだ23歳のヴィクトリア。彼女が結婚相手に選んだのは、長年交際してきた40代の不動産投資家だという男性。挙式会場にはイタリアの「サン・ジュスト大聖堂」を、披露宴会場には5つ星ホテル「Hotel Falisia」を貸し切り、計3日間を通してパーティを開いたんだとか!

スワロフスキーの御令嬢とくれば、期待せずにいられないのがウェディングドレス。目を見張るほど輝きにあふれたドレスは、さすがの一言!

ドレスはヴィクトリア自身とドバイを拠点にしているデザイナー、マイケル・シンコがデザイン。ちなみにマイケルはビヨンセやジェニファー・ロペス、レディ・ガガなど多くのセレブを顧客に抱えるデザイナー。 ドレスには50万個のスワロフスキーがあしらわれ、700,000ポンド(約9800万円)の価値があると囁かれているんだとか。

さらに驚きなのは、ドレスの重さとトレーンの長さ。重さは46キログラムで、トレーンは6 メートルという巨大さ! ヒールで歩くには少し難易度は高いかも…。

また、披露宴では2回の衣装直しを行ったというヴィクトリア。1着目はシルバーのストラップレスドレスを、2着目には真っ赤なドレスをチョイス。どちらもクリスタルをふんだんに使用し、ウェディングドレスに劣らぬ輝きを発揮! デザインは、ウェディングドレスと同じくマイケル・シンコによるもの。

しかも、会場に置かれた花束や床にまでスワロフスキーが!

セレブですら憧れちゃいそうな、とにかく贅を尽くしたウェディングを楽しんだヴィクトリア。その後はハネムーンのためヨットでフランスへ向かったとか。末永くお幸せに。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。