ここから本文です

大幅刷新したSkype、機能面では最強でもライバルたちに勝てない理由

7/3(月) 12:40配信

WIRED.jp

メッセージングアプリでは定番だが、影響力では「WhatsApp」や「Facebook Messenger」、「Snapchat」の後塵を拝しているスカイプが、「パーソナルネットワーク」を目指してさまざまなアップデートを行った。その進化の狙いとは。

【複数画像】大幅刷新!スカイプのインターフェースデザイン

スカイプはここ数年、不思議な立ち位置にいる。登場したのは大昔の2003年。月間ユーザー数は3億人に上り、インターネット通話の定番という地位を確立した。スカイプが「動詞」になったのもずっと前のことであり、動詞になるということは、その市場を制したも同然だ。その一方で、「WhatsApp」や「Facebook Messenger」、「WeChat」、「Snapchat」のほうが影響力は大きい。どれも、使い切れないほど豊富な機能に加えてヴィデオ通話もできる。

マイクロソフトが2011年にスカイプを85億ドルで買収して以来、Skypeは「Office」や「Windows」といったツールにとてもうまく組み込まれているのは確かである。だが、ユーザー体験はほとんど何も変わっていない。インターフェイスがわかりづらくなって混乱することもなければ、基本的な機能セットが追加されたわけでもない。何も変わっていないのだ。

だが2017年6月1日(米国時間)、Skypeはまったく違うものになった。マイクロソフトのSkype担当コーポレート・ヴァイス・プレジデントであるアムリタンシュ・ラガヴは、「2006年以来最大のアップデート」と呼んでいる。

「パーソナルネットワーク」への脱皮を目指す

内容としては、今回の変更の規模よりも、Skypeの異様に遅いアップデートのペースについてのほうが多く語られているが、それでもSkypeのDNAが根本から見直されていることがわかる。これからはヴィデオチャットの単なる一手段ではない。この豊富な機能で、ユーザーがSkypeを一日中ずっと使ってくれることをマイクロソフトは願っている。

今回のアップデートを簡単に説明するなら、マイクロソフトはSkypeを知り合いのためのソーシャルネットワークにしたいと考えていると言えるだろう。Skypeではそれを、家族や友人、同僚の「パーソナルネットワーク」と呼んでいる。パブリックな面を完全に避けるというやり方は、ストーリー機能が登場する前のSnapshotや、公開マークを付けられるようになる前のFacebookと同じだ。

使い勝手からいえば、Skypeはチャットに最適なアプリになった。シンプルになったインターフェイスでは、ホーム画面にチャットが表示され、それ以外のものはすべて脇に寄せられている。未読メッセージに表示される「おしゃれだが大きな」インジケーターは、音波のように波打つ。音声通話やヴィデオ通話もできるが、今回のリニューアルではメッセージの方が優先されている。

ラガヴは『WIRED』US版に対して(もちろんSkypeで)、「ユーザーは決まった時間の通話にはSkypeを使用するが、ちょっとしたチャットや共有にはほかのアプリを使う、という話をずっと聞かされてきました」と語った。こうした事態を変えたい、少なくともSkypeのユーザーにはSkypeに留まってほしいと考えたマイクロソフトは、ユーザーがほかのアプリで使用している機能をSkypeに詰め込んだのだ。

これでSkypeは、ほかのどのメッセージアプリより優れた最強のアプリになった。アプリ内ではiMessageアプリと同じように天気やGIF、YouTubeのリンクを送信できる。また、短い動画を投稿して、連絡先に登録されている人たちが1週間観られるようにすることができる。名前こそ「Highlight」だが、機能としてはまさにSnapchatと同じだ。

グループチャットを設定し、そのなかでヴィデオ通話を開始して、絵文字や写真を送信することもできるのは以前からそうだった。チャットのボットは? Facebook Messengerと同じ。企業や店舗とのチャットは? これもFacebook Messengerと同じ。Cortanaの統合は? Google Alloと同じだ。

1/2ページ

最終更新:7/3(月) 12:40
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc