ここから本文です

「将棋のコマ」があの名作家具を生んだ! 木工家具の街・天童市のものづくりの原点

7/3(月) 21:30配信

エイ出版社

日本が世界に誇る「天童木工」のものづくりとは

高い技術力で世界にも知られる家具メーカー、天童木工。そしてニッポンが誇る木工家具の産地と言っても過言ではない天童市。実はそのものづくりは、誰もが知っているあの小さな将棋駒から始まっていました。

【画像】記事の全写真を見る

柳宗理のバタフライスツールは天童木工の技術が生んだ

日本のモダンデザインを牽引したデザイナー、柳宗理によるバタフライスツールは、ニューヨーク近代美術館やルーブル美術館のパーマネントコレクションとして収蔵されています。世界に羽ばたくバタフライスツールをつくるのは創業75年の天童木工。地域に根差すこの家具メーカーのふるさとは、山形県のほぼ中央に位置する天童市です。

※柳宗理……日本を代表するインダストリアルデザイナー。東京美術学校洋画科卒業後、坂倉準三建築研究所入所。その後、柳工業デザイン研究所設立。

成形合板技術を取り入れた、日本で最初の企業

「天童木工の技術力がなければ、バタフライスツールは生まれなかった」。そう柳宗理に言わしめた天童木工の根幹をなすのが成形合板の技術です。

成形合板とは、薄くスライスした木の板を重ね合わせて型に入れ、巨大なプレス機で圧力と熱を加えてつくる加工木材。繊細で優美なラインが特徴的なバタフライスツールのように、複雑な曲線をもつ、軽くて丈夫な家具の製作ができます。天童木工は成形合板技術を日本ではじめて取り入れた企業なのです。

巨匠、剣持勇と天童木工の出会い

技術の発展に大きく貢献したのは、日本デザイン界の巨匠、剣持勇。彼は1932年、日本初の国立産業指導機関、工芸指導所へ入所しました。木製品の生産方法の研究や改善指導を行う途中で天童木工と出合いました。

剣持は戦前に覚えた成形合板の技術を家具などに応用する夢を描き、技術指導を熱心に行いました。指導所で剣持の助手だった乾三郎は、のちに天童木工の技術担当役員となる人物。新しい技術の追求に貪欲だった天童木工による挑戦が日本のモダンデザイン史の礎を築いたのです。

ものづくりの原点は江戸時代の「将棋の駒づくり」から

古くから木工業が盛んな天童市のものづくりの歴史は、江戸時代から続く将棋の駒づくりにはじまります。駒づくりでは全国生産量の大部分を天童市が占め、日本一。プロの対局が毎年行われるほか、人間を駒に見立てて行う「人間将棋」など将棋王国にふさわしい関連イベントもたくさんあります。

1/2ページ

最終更新:7/3(月) 21:30
エイ出版社