ここから本文です

トルコ政府、「進化論」を高校カリキュラムから削除する

7/3(月) 18:50配信

WIRED.jp

トルコ政府は、高校のカリキュラムから進化論を削除することを決定した。生徒たちが、進化論にまつわる論争を理解するのに必要な科学的知識をもっていないと、政府が判断したことが理由だという。

【調査結果】純粋な進化論を肯定する米国人は3割だけ

米国では、政教分離に違反するという理由から、全能の創造主が万物を創造したとする「創造説」を公立学校で教えることは禁じられている。これに対して進化論を批判する人々は、学校は「進化論に関しては議論があることを教えるべきだ」と主張している。

一方トルコでは、高校のカリキュラムから進化論を完全に削除することにした。国の教育当局が、教師は論争的対立があることをほのめかすような言及は一切避けるべきだと決定したのだ。この変更は、2017~18年にかけて実施される予定だ。

トルコでは、国立学校のカリキュラムは政府が定めている。今回の動きは、国の教育当局がカリキュラムの再検討に着手したなかで起きたものだ。報道によると再検討は、宗教的なテーマや、トルコの伝統的文化と歴史に重点を置く方針で行われている。

教育委員会のアルパスラン・ドゥルムス委員長によると、問題はトルコの高校生たちが、進化論にまつわる論争から科学的理論を切り離して考えるために必要な科学的な素地を与えられていないことにあるという。

「わが国の学生たちが、前提と仮定を理解する素地をもっていなければ、あるいはそのような知識と科学的枠組みをもっていなければ、論争を引き起こすいくつかの問題を理解できないはずです。よって、その一部を削除したのです」(ドゥルムス教育委員長)

つまりトルコは、現在よりも早い学年で生物学の知識を生徒に教えるのではなく、そのトピックを完全に削除することを選んだのだ。生物について学びたい学生は、大学に行って学習を続けなければならない。この動きに対して、警戒心を抱いている人々もいるという。

最終更新:7/3(月) 18:50
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc