ここから本文です

ミラン加入の流浪のストライカーが思い告白 期待の新FWが挙げる「最大のアイドル」とは?

7/3(月) 13:50配信

Football ZONE web

イタリア代表ボリーニが1年後に買い取り義務が発生するレンタル移籍でミランへ

 今年4月に中国資本となったACミランは、近年とは打って変わり、今オフに大型補強を展開している。6月30日には、今夏5人目の補強としてサンダーランドのイタリア代表FWファビオ・ボリーニの期限付き移籍加入を正式発表。期待のストライカーは早速ミランの公式テレビ「ミランチャンネル」に登場し、“憧れの人”への想いを語った。

憧れの人同様赤黒に身を包み…ボリーニの契約模様&新ユニホーム姿

 ミランは今オフ、ポルトからポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、ビジャレアルからアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ、ヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲス、アタランタからコートジボワール代表MFフランク・ケシエと実力者を次々と獲得。ブンデスリーガ最強FKキッカーと呼ばれるレバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノールとも移籍合意に達していると報じられているが、今夏の補強の中でボリーニの存在は異彩を放つ。

 ボリーニはボローニャの下部組織からチェルシーのトップチームに籍を移した変わり種だ。2012年にはイタリア代表が準優勝を果たした欧州選手権のメンバー入りを果たしている一方で、クラブシーンでは安息の地を見つけられていない。チェルシー、スウォンジー、パルマ、ローマ、リバプール、サンダーランドと転々。故障などの理由も重なってビッグクラブでは実力をいまだ発揮できていない。

 1年後に600万ユーロ(7億2000万円)での買取義務が発生するボリーニは、ミランの公式テレビ「ミランチャンネル」のインタビューに応え、「神聖なるポニーテール」の異名で愛された伝説のファンタジスタを尊敬する人間に挙げている。

バッジョの言葉、考え方が助けになった

「フットボールの世界で会ったことのある最大のアイドル? それはロベルト・バッジョです。彼はいろいろな意味で、特にピッチ外においてお手本でした。肩の手術をした時に彼に会いましたが、彼の言葉、考え方というのが僕の助けになってくれたんです」

 インタビューによれば、ボリーニは肩の脱臼で手術を受けるなど、故障に苦しんだリバプール時代にバッジョと会う機会があったという。バロンドールを獲得したこともあるファンタジスタはまた右膝前十字靭帯断裂などキャリアを脅かす重傷に何度も苦しみながらも、不屈の闘志で立ち上がった。

「彼はたくさんのチームでプレーしたけれど、イタリアだけでなく、国外でも常に愛されていた」

 26歳の流浪のストライカーは、1995年から97年までミランでプレーしたバッジョの魂を胸に、サンシーロを踏みしめるつもりだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/3(月) 21:46
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新