ここから本文です

働く40代の味方「とろみタックパンツ」があれば24時間、素敵に!

7/3(月) 19:30配信

集英社ハピプラニュース

「とろみのタックパンツ」なら、着心地も、きちんと見えもおまかせ!はくだけで自然と体型カバーもできる!

【写真】働くアラフォーのパンツコーデをもっとチェック!

しなやかな落ち感がきちんと見えを保証する万能さは、忙しいアラフォー女性の毎日コーデに欠かせない!代表的なシーンを例に、その優秀っぷりを実証。

<ストリート>

週末モードから切り替えたい月曜の朝にはテクニックいらずでスタイルアップがかなうタックパンツが一番。とろみの質感が通勤コーデに品格も添えて。

コンサバになりかねない白のとろみパンツ。でも今季はタック入りで足首が見える丈をチョイスすれば、スタイルアップはもちろん、都会的なきちんと感が手に入る。さらに長めの着流しジャケットで、モードなかっこよさも強調。

パンツ¥17,000/ANAYI トップス¥12,000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) ガウンコート¥26,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ) ピアス¥52,000/ザ・ショーケースGINZA SIX店(シェイスビー) バッグ¥170,000/オンワードグローバルファッション(マルベリー) 時計¥340,000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー) 靴¥49,000/ウィム ガゼット青山店(ペリーコ)

<オフィス>

オフィスコーデに欲しいのは、堅苦しくないフォーマル感。カジュアルなニットにとろみパンツでなら、今どきなきちんと感が出せる。

適度なフォーマル感が求められる仕事の場。でも、ただ堅苦しい着こなしにはしたくないのでカジュアルさのある白ニットをチョイス。そこに黒のセンタープレスパンツをオン。同じ黒パンツでもとろみ素材になるだけで、まじめすぎないモノトーンコーデの完成。首もとにスカーフを巻いたり、セルフレームのメガネをかけたり、と小物で今どきな味つけも。

パンツ¥23,000・ニット¥24,000/ebure 首に巻いたスカーフ¥18,000(マニプリ)・バッグ¥27,000(センシ スタジオ)・靴¥70,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/ジャーナル スタンダード レサージュ青山店 メガネ¥39,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー 時計¥780,000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー) バングル¥18,000/アングローバルショップ 表参道(フィリップ オーディベール)


撮影/土山大輔(TRON) ヘア&メイク/平元敬一(NOBLE) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO