ここから本文です

チリの英雄FWが現エースのサンチェスに“移籍”の薦め 「アーセナルにいる限り…」

7/3(月) 20:30配信

Football ZONE web

「ヘリコプター」の異名を取ったサモラーノ氏、注目を集めるサンチェスに提言

 FIFAコンフェデレーションズカップで準優勝したチリ代表で、エースストライカーとしての役割を果たしたのはFWアレクシス・サンチェスだ。南米を代表するゴールゲッターは、新シーズンに向けて所属するアーセナル残留か、新天地移籍かで注目を集めている。そんななか、かつてチリ代表で得点を量産したレジェンドFWが移籍を提言した。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 チリのテレビ局「SFR スポーツ」にコメントを寄せたのはイバン・サモラーノ氏だ。178センチの身長ながら空中戦で抜群の強さを発揮し、「エリコプテイロ(スペイン語でヘリコプター)」との異名を取り、レアル・マドリードやインテルなど強豪でプレー。またチリ代表では1990年代から2000年代初頭にかけてコンビを組んだFWマルセロ・サラスとの頭文字を取り、「Sa-Zaコンビ」として大暴れしたのは記憶に新しい。

 サモラーノ氏が気にかけているのはやはり、現在の代表の得点源として活躍するサンチェスだ。昨シーズンのプレミアリーグで38試合24得点をマークしたサンチェスは、現地時間2日に行われたドイツとのコンフェデ杯決勝後「自分の未来はハッキリしているよ」と語ったものの、その詳細については明かさなかった。しかし、サモラーノ氏の見解としては、移籍を薦めている。

「アレクシスは自分がしなければならないことを、よく把握してると思う。彼はゴールを奪う決定力、そして野心を持っている人間だ。それらが今後の選択をするうえで基礎となる。彼は勝ちたがっていると思うよ」

ビッグクラブ移籍がベターと主張

 サモラーノ氏が「勝ちたがっている」に込めた意味はより具体的なものだった。

「彼が求めているものはとにかく、(UEFA)チャンピオンズリーグで勝つことだ。ただそれはアーセナルにいる限り達成できない。彼はビッグクラブで力となれると気付いているはずだ。ただそれは彼の決断、個人での選択だけどね。何が起きようとも、彼が成し遂げようとしていることを達成できるレベルにいる」

 残留か移籍かはサンチェス自身の決断次第としつつも、ビッグクラブ移籍がベターな選択だと主張している。母国の英雄ストライカーからの助言は、サンチェスの心を動かすだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/3(月) 20:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新