ここから本文です

本田がミラン退団選手唯一の“浪人生活”に突入 ロシアW杯を見据えた新天地は…

7/3(月) 21:53配信

Football ZONE web

チームを離れることになった選手で、唯一所属先のない“浪人生活”に…

 ACミランから退団となった日本代表FW本田圭佑だが、今オフにチームを去った選手で唯一所属先のない“浪人生活”に突入したことが明らかになった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」がミランのスカッド状況と選手の動向をまとめている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 ミランは今年4月に中国資本となり、今オフは積極的な補強。ポルトからポルトガル代表FWアンドレ・シウバ、ビジャレアルからアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ、ヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲス、アタランタからコートジボワール代表MFフランク・ケシエ、サンダーランドのイタリア代表FWファビオ・ボリーニと実力者を次々と獲得し、ブンデスリーガ最強FKキッカーと呼ばれるレバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノールとも移籍合意に達していると報じられている。

 一方で、契約満了などでチームを離れることになった選手は7人。元スペイン代表GKディエゴ・ロペスは昨季期限付き移籍でプレーしたエスパニョールへの完全移籍が決まり、レンタル期間の終了したクロアチア代表MFマリオ・パサリッチはチェルシーに、チリ代表MFマティアス・フェルナンデスはフィオレンティーナに、FWルーカス・オカンポスはマルセイユと、それぞれ保有元へと戻った。エバートンから期限付き移籍で加入していたスペイン代表FWジェラール・デウロフェウは、バルセロナが買い戻しオプションを行使して復帰することが決まっている。

18年W杯に向けて新天地を見つけられるか

 そんななか、1日に今季限りで契約満了となったイタリア代表MFアンドレア・ポーリも、ボローニャへの移籍が正式決定(違約金ゼロ)。これにより、本田が昨季のミラン所属選手で唯一の「無所属」になった。ミラン栄光の10番を背負った男は、プロキャリアで初めての浪人生活を迎えている。

 本田はミランに所属した3年半で、リーグ戦通算81試合9得点をマーク。ただ、過去2年はシーズン1得点ずつに終わり、昨季はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の信頼を得られず構想外となっていた。

 キャリアの集大成と位置付けた2018年ロシア・ワールドカップに向けた準備が求められるなか、本田は新天地を見つけられるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/3(月) 21:53
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新