ここから本文です

結婚5年目「妻に餌はやらぬ」夫へのジレンマ

7/3(月) 9:00配信

東洋経済オンライン

■今回の相談
女性ですが失礼します。
私は結婚して5年の夫がいます。付き合い始めてからでいえば8年くらいです。私の悩みは、夫が私にプレゼントをくれたり、ごちそうしてくれることがないことです。
付き合い始めた当初こそ、デートの際に彼が支払ってくれることは数回ありましたが、付き合いも長くなると基本的に割り勘主義で、結婚してからもそれは同様です。もっとも、共働きなので割り勘自体に特に不満はありません。
ただ、誕生日やホワイトデー、結婚記念日などの特別な日ですら、彼が私に一方的にお金を使ってくれることはありません。私がバレンタインにチョコをあげたら、ホワイトデーには同じくらいの値段のチョコをくれました。私が大きいプレゼントを贈れば、彼もその気になるかなと思い、欲しいものを聞いてみましたが、「欲しいものは特にない」とつれない返事です。

この記事の写真を見る

友人のSNSを見ると、何かの記念に夫から靴やアクセサリーをプレゼントされたり、誕生日をちょっといいレストランで祝ってもらっている写真がアップされています。それを見ると、私は夫からとびきりのプレゼントをもらう経験がないまま死んでいくのかなと思い、悲しくなります。
 あかりん(仮名)

■友達は、夫からプレゼントをもらっているのに…

 まずは落ち着いてください。

 男性に関する悩み事を考える連載なので、今回の女性からの相談でもオッケーです。問題の本質を見極めるためには、多様な視点が必要ですから、女性の男性に対する意見を聞けるのは大歓迎とすらいえます。

 さて、あかりんさんのお気持ちはとてもよくわかります。確かに、SNSをチェックすると、嫌でもスマホ越しに知人の「充実した生活」が目に入ってきます。みんな自分の生活のいいところだけ切り取って、しかも、いくらか誇張して投稿しているのだから、真に受けてはダメだ、というのが一般的なアドバイスになるでしょう。しかし、こうしたことは、すでにご自身がよく理解していると思います。


 問題は、いまの生活の中に「切り取る部分」さえないことです。その内容は、あかりんさん曰(いわ)く靴やアクセサリーのプレゼント、あるいは、すてきなレストランでの食事となっています。付き合ってから8年、結婚してから5年経って、恋人になったばかりの頃には自ら進んでしてくれたことを、すっかり夫がやらなくなってしまったことに不満を抱いている。

1/4ページ