ここから本文です

コンテが古巣ユーベの補強を阻む? レアル右SBにチェルシーも関心か

7/3(月) 14:01配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFダニーロに対し、ユベントスとチェルシーが獲得の打診を行っているようだ。2日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 ユーベは先日、昨年夏に加入したブラジル代表DFダニエウ・アウベスが退団することを発表。代役を務める右サイドバックの新戦力候補として、ダニーロの獲得に動いていることが報じられていた。

 だが、関心を示しているのはユーベだけではない。チェルシーからもダニーロ獲得への打診が届いているという。チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、古巣ユーベの補強を阻む形となるかもしれない。

 現時点では両クラブから正式なオファーは出されていないものの、適切なオファーが提示されればマドリー側には交渉の意志があるようだ。マドリーの要求する移籍金は3500万ユーロ(約45億円)前後とみられている。

 2015年にポルトからマドリーに加入し、1年目はリーグ戦24試合に出場したダニーロだが、昨季は17試合に減少。ダニエル・カルバハルに次ぐ右SBの2番手という立場に置かれるのであれば、来年のワールドカップ出場を目指すためにも移籍を選ぶことになるかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)