ここから本文です

長友佑都、イングランド2部に? 昨季18位の首都クラブが獲得に名乗り

7/3(月) 17:32配信

フットボールチャンネル

 インテルの日本代表DF長友佑都に、チャンピオンシップ(イングランド2部)のQPRが関心を示しているようだ。伊『フットボール・イタリア』が報じている。

 2019年でインテルとの契約が満了となる長友は、昨季のリーグ戦で16試合に出場。今季から指揮を執るステファノ・ピオリ監督の構想には入っていないとみられており、移籍が噂されている。

 QPRは昨季のリーグ戦で左サイドバックのレギュラーを務めたDFジェイク・ビッドウェルがノッティンガム・フォレストに移籍する可能性があり、後釜に長友を検討しているという。

 長友にはレバークーゼンやエバートンの他、サンプドリア、SPALなどセリエAのクラブの名前が新天地に挙げられていた。ロンドンに本拠地を置くQPRは、昨季のリーグ戦を18位で終えた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)