ここから本文です

71.6%が「キツく叱りすぎて後悔」 自己嫌悪ママのための今日からできる伝え方テク

7/3(月) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

◆みんな叱り方に悩んでいる

「やめなさい」「ダメ!」ばかり言ってしまう…。お子さんへの日々のしつけ、大変ですよね。でも悩んでいるのはあなただけではありません。最新アンケートを見てみましょう。

子どもを叱ることがある 83.7%
キツく叱りすぎて、反省したことがある 71.6%
叱るときにたたいたことがある 53.4%
 ママにとって子どもを叱るのはまさに日常茶飯事。またキツく叱りすぎたあと自己嫌悪に陥っているママは10人中7人以上いることがわかります。さらには子どもをたたいたことがあると答えたママは半数以上!

 3児ママで人気ブロガーのLICOさんも、「子どものことが大好きなのに怒ってしまう自分がイヤで情けなくて」「なんであんなことで怒ってしまったのだろう、と夕飯を作りながら自己嫌悪に陥ることもよくあった」一人でした。でも、子どもにある問いかけをするようになって、ムダに怒る回数が減ったのだとか。

◆きっかけは牛乳こぼした事件

 ここに一枚の写真があります。子どもがこぼしてしまったミルク。多くのママにとって、あーもう!! と怒ってしまう瞬間ですよね。この事件が起きたのは長女が2歳、ふたりめの男の子が生まれたばかりの授乳中でした。

寝不足と疲労と…いろんなものがわあっと重なり、次の瞬間カッとなって
「だから一人でやらないでって言ったのに!」
それでもすぐには怒りが収まらなくて、
「もう。後で片付けるからそのままにしておいて!」
さらに怒ってしまったのです(LICOさん)。

 子どもの失敗にイラッとしたLICOさんでしたが、赤ちゃんにおっぱいをあげながら時間が経つにつれ冷静になり、「(いつもはわたしを呼ぶのに)どうして一人で牛乳を入れようとしたんだろう」と疑問に感じるように。

そこで長女に問いかけました。
「わざとやったわけじゃないのに、さっき怒っちゃってごめん。でもいつも牛乳飲みたいときはママといっしょにねって言っているのに、なんで今日は1人でやっちゃったの?」

1/2ページ