ここから本文です

クラリオンの最新カーナビは操作性に革命を起こす!? 画面分割機能「クワッド ビュー」を搭載した新モデル発売

7/3(月) 6:03配信

clicccar

7月中旬から発売されるクラリオンの9型AVナビゲーション「NXV977D」。次世代のAVセンターユニットを目指し、ディスプレイに工夫が凝らされています。

【この記事に関連する別の画像を見る】



最大の特徴は、4つの異なる情報を同一画面に表示できる新機能「Quad View(クワッド ビュー)」の搭載。



「Quad View」は、単にカーナビの画面表示方法ではなく、自動運転やコネクテッドカーなどの次世代のクルマを見据え、大画面、高精細に適応する新しいHMI(ヒューマンインターフェース)を追求した機能だそうです。

画面の切り替えなしにナビ、オーディオ、ツール、アプリの4つの情報を同一画面に表示、操作ができます。画面表示は約4.4型での均等4分割画面、メインエリアを約6.7型で表示する4分割画面、9型フル画面表示など、9パターンの表示切り替えが可能。



ナビをメインとしながらも、サブのオーディオ画面での操作も可能なのがポイントで、同時にほかの機能もひと目で認識でき、ワンタッチで切り替えもできます。



たとえば、オーディオエリアがメインとなっている際は、誘導ポイントに近づくとナビ表示が拡大され、ツールエリアがサブとなっている場合に電話着信があると、ボタンが押しやすいように画面を大きく表示するなどの自動表示切り替え機能も搭載されています。

また、各種情報を鮮明に映し出す高精細の9型HDディスプレイの採用により、美しい映像表現はもちろん、地図やメニューの視認性の向上も図られています。



オーディオ面では、ハイレゾ音源再生に対応し、96kHz/24bitのハイレゾクオリティのデジタル出力を装備。さらに、クラリオン独自のフルデジタルサウンドプロセッサーコントロール機能を搭載し、従来コマンダーで行っていた操作や設定をナビのボタンと画面でできるのも便利そう。

Smart Accessリンク対応、9型HD地上デジタルTV/DVD/SDメモリー AVナビゲーション「NXV977D」の価格はオープンですが、実勢価格は20万円前後が予想されています。



(塚田勝弘)

最終更新:7/3(月) 6:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)