ここから本文です

五反田を舐めるな!たとえ五反田でも雰囲気よく大人デートで使える店5選

7/3(月) 5:20配信

東京カレンダー

五反田といえば、オヤジ飲みの街?いや、そうじゃない! 今の五反田は、雰囲気よくデートにも使える店が増化中。敢えて五反田をチョイスする、そんな大人のデートを楽しんでみては?

【この記事の全ての写真】

美味美酒に酔う!予約必須の人気酒場 『酒場それがし』

五反田

JR五反田から徒歩5分の所にある『酒場 それがし』。日本酒ビギナーからツウまで幅広い層の支持を集める人気店だ。提供される料理は毎日食べても飽きない味を目指し、手間ひまかけて作っている。ずらりと並ぶ惣菜は目移りしてしまうほど。さらに、合わせるのは日本全国から厳選した極上の純米酒だ。

店主のおススメは10種類の日本酒と14種類の肴が楽しめる”それがしコース”。燻製明太に鯖のへしこ、半熟卵が乗ったポテトサラダなど酒好きのツボを押さえた酒肴オールスターズが揃い、飲兵衛にはたまらない!

もちろん、アラカルトも充実。酒好きが泣いて喜ぶ酒肴の盛り合わせに特製メンチカツ、〆にはいなり寿司や炙り〆鯖の棒寿司も。珍味をつまみに日本酒をちびちび呑むのは、至福のひととき。 ゆるゆると心地酔い夜を過ごしたい。

常連は必ずオーダーするという、名物の〆鯖の棒寿司

一度食べたらヤミツキに?会津地鶏の専門店『やき鳥 歩ム』

五反田

五反田といえば、焼き鳥の激戦区。ここに2013年オープンした店が『やき鳥 歩ム』。400年以上前から会津地方で飼育されている固有種、会津地鶏が楽しめる人気店だ。日本唯一の専門店であるこちらでは、羽数の少ないこの地鶏を贅沢にも丸ごと仕入れて提供する。

通常朝締めがよいとされる中、内臓以外の部位はあえて24時間寝かせてから調理する。それによって肉が適度に締まり、味わいが増すという。 温度、衛生管理を完璧にこなすことで仕上がる極上肉なのだ。火入れはとにかく時間をかけ、低温でじっくりと。

「一瞬たりともほっておけない」という職人泣かせな肉だが、泣かせるのは職人だけにあらず。
“ひと味惚れ”したと店主が語るように、華やかでいて繊細な脂の香りが鼻腔にえもいわれぬ余韻を残し、人々を感動させる。 だまされたと思って一度足を運んでみてほしい。一度食べたが最後、再会が恋しくなる味だから。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)