ここから本文です

時短朝食を狙え ボスとフルグラが共同開発

7/4(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 サントリー食品インターナショナル(以下、サントリー)は、濃縮タイプのコーヒー「ボス ラテベース」シリーズの新フレーバー「ボス ラテベース スイートメープル」(以下、スイートメープル)を2017年5月30日に発売した。従来からあった牛乳で割って飲むラテベースに、メープルの風味を加えた商品。メープルラテとして飲むこともできるが、売りはカルビーの「フルグラ」にかけて食べられるよう、サントリーとカルビーが共同開発したという点だ。

■ラテベースとフルグラは「食シーンが共通」

 ラテベースは2016年10月に発売。従来のボスシリーズは購入者の約75%を男性が占めているのに対し、ラテベースは約65%を女性が占めている。女性層を獲得したのと同時に、「ボトル入りコーヒーを家で飲む」という新たな需要も開拓できた。サントリーが調査したところ、ユーザーがラテベースを飲む時間帯として朝食時が最も多かったため、食シーンが共通するフルグラに目をつけ、カルビーに商品の共同開発を持ちかけたという。

 コーヒーとシリアルというと意外な組み合わせにも感じるが、フルグラは豆腐メーカーとのコラボ商品の販売や相性が良い他社製品を使ってのメニュー提案なども積極的に行っている。また、カルビーは過去にも飲料とスナック菓子のタイアップ販売などでサントリーと協業した経験があるため、共同での商品開発はスムーズに進んだそうだ。


 フルグラにかけて食べることを意識し、いくつか候補のあったフレーバーの中からフルグラの香ばしさを引き立たせるメープルフレーバーを選定。食べ方として、マグカップにフルグラを入れ、その上に牛乳、さらにラテベースをかけて約1分で作れるという「フルグラ・テ」を提案している。ターゲットは、忙しくて朝食を作る時間がない女性。全国約5000店のスーパーで、両社の営業担当者や店舗のフォロースタッフがタッグを組んで商談や棚作りを行う。

■コラボ着想の裏に「インスタ」

 スイートメープルを牛乳で割ったメープルラテを試飲したが、既存商品の微糖のラテベースに比べてかなり甘い。瓶入りのコーヒー牛乳に似た味わいで、酸味や苦みの強いコーヒーが苦手な人でも飲めそうだ。フルグラ・テはフルグラのそのものの甘さが加わるので、さらに甘く、濃厚な味わい。甘みが強いと感じた人は、無糖のラテベースに変えるなどアレンジして楽しむこともできそうだ。

 「ラテベースやフルグラのフレーバーを変えることで、色々なバリエーションが楽しめるのではないか」とサントリー担当者は話す。スイートメープルと定番のフルグラを基本としつつ、その他の組み合わせも売り場で提案することを考えているという。

 サントリーがコラボを思いついたもう一つの背景に、インスタグラムなどのSNS上でラテベースを使ったアレンジメニューを見かけたことがあったという。豆乳ラテやアイスを浮かべたラテフロート、バニラアイスに直接かけて食べるなど、ユーザーの柔軟な発想が商品開発のヒントになったと担当者は話す。

 インスタグラム上では「#時短料理」というというハッシュタグがついた投稿は約2万4000件、「#時短レシピ」は約1万6000件(2017年5月末時点)。ただ、いくら時短といっても料理を作ってテーブルセッティングをして撮影するとなると、それなりに手間はかかるだろう。インターネット上では「インスタ疲れ」という言葉も生まれている。「盛る」というひと手間を加えなくても、グラスや皿を変えるだけで印象が変わるフルグラ・テが広がれば、インスタグラムに投稿する時間も短縮される「時短インスタ」という新たなブームが生まれるかもしれない。


(ライター 樋口可奈子)
[日経トレンディネット 2017年6月5日付の記事を再構成]

最終更新:7/4(火) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。