ここから本文です

自民党分裂なら小池新党軸に“反安倍政権”誕生シナリオも

7/4(火) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 都議選の衝撃はこれから始まる政界地殻変動の第一波でしかない。いよいよこれから、安倍晋三・首相VS小池百合子・東京都知事の全面戦争に突入する。政治ジャーナリスト・野上忠興氏は小池氏が初めて政界に出た時の状況に似ていると指摘する。

「かつて細川護煕氏が日本新党を結成して臨んだ1992年7月の参院選は『日本新党ブーム』と呼ばれたが、当選したのは小池氏らわずか4人だった。自民党は議席を増やし、政権は安泰とみられていた。ところが、1年後に8党連立の細川内閣が誕生した。あのとき、自民党の誰も政権を失うとは想像もしていなかった」

 当時の政界は自民党が衆院274議席を占め、「万年野党」の社会党(141議席)には政権を奪うだけの国民の支持はなかった。

 ドラマの始まりはこの野党第一党の崩壊だった。1993年7月の総選挙で一気に野党連立の細川政権ができたように思われがちだが、あの選挙で大敗したのは社会党で、70議席に半減した。自民党は分裂で過半数を割ったものの、まだ223議席の圧倒的な第一党で、野党は社会党、自民党離党組の新生党(55議席)、公明党(51議席)、日本新党(35議席)など多弱状態が生まれた。

「社会党の大敗から、日本新党の細川氏を旗印に、多弱の野党が結集していった。都議選後に起きるのもまず野党第一党・民進党の混乱と解体でしょう。小池氏はあのときの経験から、日本新党のような核があれば盤石に見えた権力をひっくり返せることを、身をもって学んでいる」(野上氏)

 なお、総選挙の1か月前に行なわれた都議選で日本新党が第三党に躍進したことが、その後の流れを決定づけたともいわれている。

◆野田聖子を担ぎ出す

 現在、国政では、まさに小池氏が掲げた「旗印」に野党が集まりつつある。「情報公開」を東京大改革の柱に掲げる小池氏は、加計問題の「怪文書」騒動を受けて、6月定例都議会に「公文書の管理徹底条例」を提出して成立させた。

1/2ページ