ここから本文です

「メリー」閉鎖騒動が生んだ、キュレーションの変革

7/4(火) 20:00配信

WWD JAPAN.com

 今年は出版社を超えたコンテンツ提供ビジネスのローンチが目立つ。ハースト婦人画報社は7月3日、出版社7社とともにNTTドコモが運営する「dグルメ」内で特設コンテンツ「マガジンチャンネル」の配信をスタートした。レストラン記事からレシピ動画まで、毎月約20本の記事を提供する。コンテンツを提携するのは「暮らし上手」「ディスカバー・ジャパン(Discover Japan)」(エイ出版社)や「おとなの週末」(講談社ビーシー)、「クラッシィ(CLASSY.)」「ヴェリィ(VERY)」(光文社)、「ウオモ(UOMO)」(集英社)、「サイタ(saita)」(セブン&アイ出版)、「東京カレンダー」(東京カレンダー)、「ヴァンサンカン(25ans)」「婦人画報」「ハーパーズバザー(Harper’s BAZAAR)」(ハースト婦人画報社)、「エッセ(ESSE)」(扶桑社)など26媒体。 ハースト婦人画報社は2016年12月から「dグルメ」に記事提供を行ってきたが、新たに7社を加えて出版社を超えたコンテンツ提供が実現した。

 これに先立って、講談社とデジタルガレージの合弁会社DKMediaも新キュレーションメディア「ホリックス(HOLICS)」をローンチ。「ホリックス」では協力する出版社が持つコンテンツを個人の興味に合わせた最適な形で再編・配信する。まずは講談社の「ヴィヴィ(ViVi)」や「ウィズ(with)」「ヴォーチェ(VOCE)」「フラウ(Frau)」「おとなスタイル」の女性誌5誌が参加するが、今後はプラットフォームとして他社媒体のコンテンツも扱うという。

 集英社やハースト婦人画報社など国内の出版社24社が電通、配信サービス会社の富士山マガジンサービスと組んで、中国語圏での雑誌コンテンツのデジタル配信もスタートしたばかりだ。すでにあるコンテンツを異なる別の切り口でまとめるという意味では、これも広義のキュレーション事業と呼べるかもしれない。

1/2ページ

最終更新:7/14(金) 17:51
WWD JAPAN.com