ここから本文です

夜の飲みに朝の散歩……鎌倉をまるっと一日楽しみたければ、個性派ゲストハウスでお泊り旅

7/4(火) 21:02配信

エイ出版社

鎌倉を満喫するにはお泊り旅行がベスト!

夜は帰りの電車を気にせず呑んだり、朝は海や寺社の境内をのんびり散歩したり…… 。鎌倉をまるっと一日楽しみたければ、お泊り旅行がベストだ。そんなニーズに応えて、近年では古い民家をリノベーションした宿を中心に、ゲストハウスが続々と誕生中。リーズナブルな値段で泊まれるのも魅力だが、個性的な宿は、宿泊を目的に訪れたくなるほど。ピックアップして4軒をご紹介しよう。

月の宿 女性が安心できる宿

鎌倉駅東口駅前というアクセスのよさに加え、女性客が安心して宿泊できることを最優先するゲストハウス。美容パックまで無料というアメニティの充実ぶりや、女性専用ドミトリーなどが好評でリピーターも多い。『初めての鎌倉』や『一人の鎌倉』の心強い味方になってくれそう。

(写真上)パノラマビューが自慢の角部屋『月船』は定員3名。

(写真下)一人で宿泊しても、ほかのゲストやスタッフとの交流を楽しめるリビング。冬はこたつで。

【DATA】
●月の宿
住所:鎌倉市小町1-4-4 4F
電話: 0467-22-6333
料金:3800円(ドミトリー)~

亀時間 昔ながらの日本の暮らしを体験できる

世界を旅したオーナーが開いた、日本の情景を感じられるゲストハウス。宮大工によって建てられた築約90年の古民家を改装し、男女共用ドミトリーと、ふたつの個室を作った。また、以前レストランだった部分を宿泊者のラウンジとして朝食の提供、週末にはカフェやバーも開店。趣あるレトロな空間で、ゆるやかに流れる時間を楽しんで。

(写真上)バーカウンターもあるラウンジは、心身ともにリラックスできる居心地いい空間。

(写真下)4人泊まれる8畳の和室。昔ながらの日本の暮らしを体験できる。ジャパネスクな雰囲気にとっぷり浸れ、外国人観光客にも好評。

【DATA】
●亀時間
住所:鎌倉市材木座3-17-21
電話:0467-25-1166
料金:3200円(ドミトリー)~

鎌倉ゲストハウス 夜は囲炉裏を囲んでにぎやかに

住宅街の一角にある純和風建築のゲストハウス。男女別のドミトリーと個室のほか、囲炉裏と冬にはこたつが置かれる共有スペースが特徴だ。キッチンや洗濯機が完備され、自転車のピット設備やレンタルサイクルも。地下ではバー『Little Planet』(16:00~23:30L.O.※日曜定休)を営業。

(写真上)囲炉裏を中心に会話を楽しむゲストたち。宿で購入できる魚や持ち込みの食材を焼くことも。

(写真下)個室は2段ベッドが入った4人部屋。職人手づくりのふかふかの布団が用意されている。

【DATA】
●鎌倉ゲストハウス
住所:鎌倉市常盤273-3
電話:0467-67-6078
料金:3500円(ドミトリー)~

1/2ページ

最終更新:7/4(火) 21:02
エイ出版社