ここから本文です

頭皮や髪の紫外線対策[夏編]

7/4(火) 12:20配信

リビング福岡・北九州

紫外線が髪や頭皮にダメージを与える夏。この時季の頭皮や髪のケアについて、また、生活面で気をつけたいことを紹介。

【夏のヘアケアQ&A】
[質問]
毛穴の皮脂や汚れに注意して毎日シャンプーしているのに、べたついて臭い…どうして?
[回答]
●シャンプー前に、毛穴の汚れをしっかり浮かすこと
汗をかきやすく、強い紫外線を浴びやすい夏。髪が多い人、代謝が悪い人、肉をよく食べる人、喫煙者などは、頭皮に皮脂などがたまりやすいので、より注意が必要です。

「毎日シャンプーしているのに」と思うかもしれませんが、汚れがたまった状態で紫外線を浴びると、皮脂は酸化してべったり毛穴にはりつきます。こうなると普通に洗うくらいでは、なかなか汚れは落ちません。長めにシャワーで頭皮へ湯をかけ、しっかり毛穴の汚れを浮かしてからシャンプーしましょう。それでも気になる人は、美容院などでプロに相談することをお薦めします。

[質問]
日に当たったら白髪が増えて、カラーも色あせたような…?
[回答]
●外出時は紫外線予防が必須!艶がある髪を目指しましょう
上記のように毛穴に汚れがはりついていると、血行も悪くなるため白髪になりやすいようです。また、カラーリングした髪は水分が抜けやすく、紫外線が当たると乾燥が進みます。さらに脱色してしまうことも。外出時は、帽子や髪用UVスプレーで紫外線をしっかり予防を!
染め過ぎは頭皮や髪を傷めるので、多くても月1回までを目安に。艶がある健康な髪であれば、白髪やカラーの色あせも目立ちませんよ。

◆アドバイス
頭皮は清潔に、髪は潤った状態に保つことが基本。頭皮はもんでも気持ちが良いですが、軽く押さえてさすりながら“動かす”とよいでしょう。肩がこっていたり、目が疲れている時は、硬くなっていてなかなか動かないはず。血行を良くすることが、白髪や抜け毛の予防にもつながります。

■取材協力
毛髪診断士の古賀義典さん

Yahoo!ニュースからのお知らせ