ここから本文です

「ネット投票の事例を積み上げ課題をクリアしていく」大村秀章 愛知県知事

7/4(火) 12:22配信

政治山

 日本の公職選挙におけるインターネット投票(以下、ネット投票)の導入については、内閣府の「マイナンバー制度利活用推進ロードマップ」に「2020年在外邦人が国政選挙にネットで投票可能に!」と記載されており、国外に住む有権者の投票から実施することが検討されています。

 先月都内で行われた一般社団法人ユースデモクラシー推進機構(仁木崇嗣代表理事)主催の「デジタル憲法フォーラム」には石破茂 衆議院議員らが登壇、オブザーバーからの質問に大村秀章 愛知県知事と細野豪志 衆議院議員は揃ってネット投票に前向きな発言をしました。

 今回はネット投票と選挙情報のオープンデータ化について、大村知事にお話をうかがいましたが、大村知事は高齢者や足腰の不自由な方の投票率が季節や天候に左右されないように「ネット投票の研究を進めるべき」との考えを示しました。また、投票のなりすましや二重投票の防止などいくつか指摘されている課題を「住民投票等で事例を積み上げて1つ1つクリアしていく必要性がある」と述べました。

 選挙情報のオープンデータ化については、昨年12月の「官民データ活用推進基本法」成立を受けて、前進の兆しを見せています。愛知県では県議会議員選挙の選挙公報を2015年まで発行していませんでしたが、2019年に予定されている同選挙において選挙公報を発行することが決まっています。

 県内約300万世帯に選挙公報を配布する予算はおよそ2億円。配布には日数も掛かります。愛知県はすでに、国政選挙や知事選挙の選挙公報を、県ホームページにPDFファイルの形式で掲載していますが、2019年に執行される県議会議員選挙の選挙公報についても県ホームページへ掲載する予定です。大村知事は、「字の読めない方にも音声読み上げなどで対応できるように、オープンデータ化するためにはテキストデータ化した上での公開が必要では」との我々の指摘にも、前向きな姿勢を示しました。

1/2ページ

最終更新:7/4(火) 12:22
政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社VOTE FOR

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。