ここから本文です

「南スーダン日報隠し問題」で――主犯格の陸幕幹部の名前が判明(選択出版)

7/4(火) 9:30配信

選択

 南スーダンのPKO派遣部隊の日報問題で、陸上幕僚監部の上層部が「主犯格」として浮上した。黒幕として「岡部俊哉陸上幕僚長と反目する前田忠男防衛部長」(統合幕僚監部関係者)との見方も強まっている。この関係者によれば、前田氏は自己顕示欲の塊で、自分たちに都合がいいように事実を歪曲してNHKに垂れ流していた疑いでも特別防衛監察の焦点になっているという。
 この問題では、「破棄した」と言い張ってきた陸自内部で日報の保管が発覚し、防衛省は特別防衛監察を進めている。
 当初は「防衛官僚(背広組)が陸幕に対し『いまさら出せない』と言ってきた」とNHKで報じられ、矛先は背広組に向けられた。だが、本誌五月号で予測した通り、陸幕上層部の仕業で間違いなかったようだ。
 つまり、最初から陸幕上層部が日報の隠蔽を主導して、この瑕疵に気づかれないよう責任を転嫁したのだ。おまけに「日報の存在は岡部陸幕長にも報告されていた」とNHKにリークし、岡部氏を追い詰めた。「日報隠しの元凶は前田防衛部長」(防衛省筋)とされ、首相官邸も徹底した調査を指示した。結果は七月にも公表される。陸幕の膿は摘出されるか。

選択出版(株)

最終更新:7/4(火) 9:30
選択

記事提供社からのご案内(外部サイト)

三万人のための情報誌「選択」

選択出版株式会社

2017年10月号
毎月1日発行

年間購読料:12,000円

卓越した分析・解析を施し、単なる評論には
終わらない先見性をもった内容で、読者の
ニーズに応える、三万人のための情報誌。
 
10月号の記事タイトル(一部)