ここから本文です

チェルシー監督、ルカク獲得指令! エバートン側の要求額は移籍金146億円

7/4(火) 7:20配信

Football ZONE web

コンテ監督がユベントス時代から狙う悲願の獲得ターゲット

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は今夏のトップターゲットと定めたエバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク獲得を熱望しており、要求額にかかわらず絶対に獲得するようにクラブへ要求したという。英紙「テレグラフ」が報じた。

英紙調査、来季プレミア20クラブ別「歴代最高の移籍金」

 今夏の移籍市場ではモナコMFティエムエ・バカヨコ、ユベントスDFアレックス・サンドロ、ローマDFアントニオ・リュディガーといった選手の獲得に近づくなど、積極的な動きを進めている。しかし、そのなかでもコンテ監督にとってのプライオリティーは、ルカクの獲得だという。指揮官がユベントス時代から狙っていた、まさに悲願のターゲットとなっている。

 チェルシーはスペイン代表FWジエゴ・コスタが古巣のアトレチコ・マドリード復帰に向けて交渉中ということで、エースの動向が明らかになり次第、ルカク獲得に向かうことになりそうだ。エバートンの要求額は1億ポンド(約146億円)とも言われているが、イタリア人監督は金額にかかわらず獲得するようクラブに伝えたという。

 コンテ監督は就任1年目からプレミアリーグを制覇。UEFAチャンピオンズリーグも控える2年目のシーズンに向けて、念願のストライカーをチームに迎え入れることができるのかが、命運を大きく左右しそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/4(火) 7:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新