ここから本文です

アフリカから宇宙へ!60年代の幻の計画を「再現」

7/4(火) 7:30配信

WIRED.jp

米国と旧・ソ連が宇宙開発で競った1960年代、アフリカ・ザンビアで1人の科学教師が「宇宙計画」を立ち上げていた──。21世紀初頭にナイジェリアや南アフリカが宇宙開発競争に参入する40年前の「嘘みたいな本当の話」を題材に、クリスティーナ・デ・ミデルが「再現写真」を撮ったわけとは。

アフリカの人の「手」が語るもの

アフリカ人が宇宙を目指す。それを聞いてあなたはどう思うだろうか。ありえない夢物語と、笑うだろうか。しかし、実際にあったのだ。1960年代に。ザンビアで。宇宙計画が。その証拠がこの写真──というわけでは、残念ながらない。写真家クリスティーナ・デ・ミデルが、実在した夢物語を「再現」したフィクションだ。

「60年代の奇妙な社会プロジェクトに関して調べものをしていたところ、『史上最もクレイジーな実験10』というサイトに行き当たったんです。そのひとつが『ザンビア・スペース・プロジェクト』でした。すぐさま『これだ!』と思って作品にしようと考えたのです」

記録によれば「ザンビア宇宙計画」は、エドワード・マクカ・ンコソロという小学校の科学教師が1964年に提唱したものだったという。世界的な宇宙開発競争のまっただ中、米ソを出し抜いてやろうという企てである。12人の宇宙飛行士と10匹の猫を火星に送る。それが彼のミッションだった。首都ルサカ郊外の訓練施設では、ヴォランティアの飛行士たちがドラム缶に上ったり、坂を転げ降りたりして訓練を積んだという。

「本当のような嘘の話。あるいは嘘みたいな本当の話に興味があるんです。それによって写真と真実との関係を問いたいのです」

ンコソロは計画の予算の支援をユネスコに求めるが返答はなかった。加えてひとりの女性飛行士が訓練中に妊娠したことで、計画は頓挫してしまうのだった。

「作品を撮るうえで難しかったのは、彼らの夢に対する敬意と、この計画自体のおかしみとのバランスをとることでした。この計画の話をすると誰もが笑います。これがドイツの話なら誰も笑わないでしょう。けれども、アフリカ人が宇宙を目指すのはおかしいのです。何ででしょうね」

写真はすべてスペインで撮影された。モデルはギニアのコンピューターエンジニアたちなのだそうだ。

WIRED.jp_W

最終更新:7/4(火) 7:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc

Yahoo!ニュースからのお知らせ