ここから本文です

オペラの伝統と歴史をVRで。新しい技術を現代の人々に伝える。

7/4(火) 12:30配信

WIRED.jp

イタリアのスカラ座博物館が、デジタル化の一環として「VRツアー」を始めることを発表した。新しい技術を取り入れることで、オペラの伝統を現代の人々に伝えるための取り組みである。

大英博物館のストリートビュー、4,500点以上が鑑賞可能に

文化の世界で、最も保守的で伝統主義的ともいわれるオペラ。だがこの数年間、オペラはただ衰退せずにもちこたえるだけでなく、多様化していく観衆に望まれる対象になろうとする道を模索している。そうした流れのなかで最近、スカラ座が新技術の導入を発表しだ。

イタリア最大のオペラ劇場のデジタル化プランには、仮想現実(VR)を使った「360度ヴィジョン」の見学コースが含まれている。人々を劇場の歴史に没入させて、さまざまな遺品を見せてくれるのだ。年間訪問者数25万人のスカラ座博物館は、こうした技術によって人気を持続させようとしている。

「作品を展示するだけでは十分ではありません。訪問者をガイドする必要があるのです」と博物館の運営責任者ドナテッラ・ブルナッツィは言う。スカラ座では、サムスンの協力により実現したハイテクな巨大設備以外にも、コンサートや子どものためのイヴェント、舞台装置の中に入れるツアーといった数多くのイヴェントが市民に開かれている。総支配人アレクサンダー・ペレイラによれば、キーワードは「アクセシビリティ」(利用しやすさ)だという。

このような変化を前にして、顔をしかめる人もいる。しかし、芸術の殿堂が活力を保つには、時代と歩調を合わせなければならない。今回の発表には、「劇場に行く」という体験そのものを損なわないかたちで、新しい技術を受け入れようという意思が見える。

イタリアの『ラ・スタンパ』紙は、VRが「何年もスカラ座に通っている人さえも驚かせる体験」を可能にするだろうと語っている。

PAOLA ARMELLI

最終更新:7/4(火) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。