ここから本文です

「的を得ない」「的を射ない」正しいのはどっち?! --- 尾藤 克之

7/4(火) 16:49配信

アゴラ

昨日、アゴラからYAHOOニュースに転載された「豊田代議士問題!メディア報道から透けてみえる違和感」(http://bit.ly/2suIqv1)の本文に誤りがあると、ご指摘をいただいた。当該部分は「的を得ていない」の箇所になる。「的を得る」は、「物事を正確に要点をついている」という意味で使用したつもりだったが、少々気になったので調べてみることにした。

調査結果について

<文化庁の見解>
最初に、「的を得ていない」を使用する人がどの程度いるのか調べてみた。『平成15年度「国語に関する世論調査」の結果について』(http://bit.ly/2bPjfXc)(文化庁)によれば、50%以上の人が「的を得た」が正しいと回答している。「的を射た」よりも「的を得た」の方が回答を集めているということは、すでに、「的を得る」が一般的に浸透していることを意味している。

<三省堂の見解>
『三省堂国語辞典第7版』(最新版)の編集委員の飯間浩明氏は、自身のツイッター上で次のように述べている。また、三省堂国語辞典の扱いも飯間氏のものを踏襲している。

〔『三省堂国語辞典』第7版では、従来「誤用」とされていることばを再検証した。「◆的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。「当を得る・要領を得る・時宜を得る」と同様、「得る」は「うまく捉える」の意だと結論しました。詳細は「得る」の項を。「『的を得る』は的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。「当を得る・要領を得る・時宜を得る」と同様、「得る」は「うまく捉える」の意だと結論しました。〕(原文ママ)

これは、従来の「誤用扱い」そのものを撤回したものである。「的を得た」は正しい表記であること。これは、編集委員の見解であることから大きな意味をもつ。

<国会での扱い>
立法府をつかさどる国会議員はどうであろうか。第193回通常国会(2017年1月20日~6月18日)における、本会議、委員会の議事録を調べると4回(参考人を含めると6回)確認できる。以下に抜粋したい。当該部分を「」で囲んである。

外交防衛委員会第23号
アントニオ猪木議員(無所属)
メルトダウンは起きていない、起きているなんかで、「的を得た」学者さんが誰もいなかったというのが記憶にあるんですが。

文教科学委員会第10号
大島九州男議員(民進党)
まさにだから専門職大学というのは、非常に私は「的を得た」、その大学の先生たち、高等教育が一つ大きく変わる、触媒になるということですね。

経済産業委員会第8号
石井章議員(日本維新の会)
「的を得た」、説得力のある御答弁、ありがとうございました。

決算委員会第4号
山田俊男議員(自民党)
決してそれは「的を得た」ことではないと、こんなふうに思うところであります。

<新聞・雑誌では>

それでは、新聞や雑誌はどうであろうか。紙版は「的を射る」が多いが、電子版のニュースや雑誌であれば、「的を得る」という表記がさほどめずらしくないことがわかる。意外と思われるかも知れないが、普通に「的を得る」は使用されている。

1/2ページ

最終更新:7/4(火) 16:49
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム