ここから本文です

V.ウィリアムズの“号泣会見”が海外で反響「ビーナス号泣 『言葉になりません』」

7/4(火) 11:53配信

THE ANSWER

“禁止”の要望も自動車事故の質問殺到で涙「自分はただ、その、自分はただ…」

 女子テニスの世界ランキング11位ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)はウィンブルドン1回戦で同54位のエリス・メルテンス(ベルギー)と対戦し、7-6、6-4で初戦突破。先月、米フロリダ州で自動車で起こした死亡事故後、初めて公の場に姿を現したビーナスに事故の質問が殺到。たまらず涙を流した“号泣会見”が海外で大きな反響を呼んでいる。

【動画】ふっくらお腹で右へ左へ、軽やかステップも…妊娠中の妹セレーナがインスタグラムで公開した練習風景

 2008年大会以来、6度目の優勝を狙うビーナスは白星発進を果たしたが、試合後の記者会見で待っていたのは自動車事故についての質問ばかりだった。

 ビーナスは6月9日午後1時、フロリダ州パームビーチガーデンの自宅近くの交差点で乗用車と衝突。夫人が運転する車に同乗していた78歳のジェローム・バーソンさんは病院に運ばれたが、手術の甲斐なく同22日に亡くなった。バーソンさんの夫人も骨折など重傷を負っており、ビーナスは遺族から不法死亡で訴えられていた。

 英地元紙「ガーディアン」電子版は「ビーナス・ウィリアムズは乗用車での死亡事故についてウィンブルドンで号泣」と特集。死亡事故について壇上で質問を受けていたビーナスの代理人が記者会見前の事前通達の事実があったという。

 記事によると「司会は事故についての質問を避けるように報道陣に要求していた」というが、会見当初は事故についての回答をはぐらかせていたビーナスは、ついに質問に応じた。

“号泣会見”を各国メディアが特集「涙のビーナス 死亡事故で『ひどく落胆』」

「なんて言ったらいいかわからないけれど、どれだけ落ち込んでいるか。そうね、本当に言葉がありません。自分はただ、その、自分はただ…」

 小さな声でこう語り始めると、ビーナスは涙を流した。

 実力選手が見せた涙に各国メディアが反応。米テレビ局「FOXニュース」電子版はスキャンダルのコーナーで「ビーナス・ウィリアムズが死亡事故で号泣 『言葉になりません』」と特集している。

 また、米地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」電子版も「ビーナス・ウィリアムズがウィンブルドンの記者会見で号泣」。オーストラリア地元紙「ヘラルド・サン」も「ウィンブルドン2017 涙のビーナス・ウィリアムズは78歳の男性を死に至らしめた事故で『ひどく落胆』」と特集を組んだ。

 元世界女王の号泣会見は世界に大きな反響をもたらしてしまった。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/4(火) 11:56
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。