ここから本文です

ユナイテッドが狙うクロアチア代表MF、クラブに無断でビーチバレー大会出場、罰金処分か

7/4(火) 13:10配信

Football ZONE web

インテルMFペリシッチ、母国で開催の大会に参加も無断行動が発覚、去就に影響も

 マンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙っているインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチが母国で行われたビーチバレーの大会に出場した。しかし、クラブに無断で出場したことが分かり、数万ユーロの罰金が下されることになりそうだ。独紙「ビルト」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ペリシッチはオフシーズンを利用し、クロアチアのポレッチで開催されたビーチバレーの大会に参加。この大会はプロのバレーボール選手も出場しているという。

 サッカー選手として活躍する一方、オフには毎回バレーボールをプレーするほどで、実力もプロ級のようだ。趣味が高じての大会参加となったが、所属のインテルには無断での行動だったことが発覚している。仮に大会で決勝まで勝ち進んだ場合、新シーズンに向けたトレーニング始動に間に合わない可能性があるなど、本職へ影響を及ぼしかねない事態となった。

 記事によれば、クラブからは数万ユーロの罰金処分が下されることになるという。ペリシッチは取材に対し、「大きなビーチバレーの大会に出るのは夢だった。10歳の頃からプレーしている。このスポーツが僕にもたらすものは多いし、夏に実家へ帰るといつも練習していた」とバレーボールに対する情熱を明かしていた。

 28歳のウインガーには今夏、マンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上していた。この一件は選手の去就に影響を及ぼすことになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/4(火) 13:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新