ここから本文です

7年目でプロ初HRの広島カープ捕手と宮市亮、元SKE48梅本まどかの「知られざる関係」

7/4(火) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

大怪我を負った親友に捧げる「励まし弾」。

 7月2日に行なわれたプロ野球の中日ドラゴンズ戦で、7年目にしてプロ初ホームランを放った広島カープの磯村嘉孝捕手は、劇的な逆転勝利に貢献し、お立ち台で「最高の気分」と喜びを語った。
 
 中京大中京高校時代には4回の甲子園出場を果たし、2年夏には1学年上の堂林翔太(現広島カープ)とバッテリーを組んで全国制覇を経験。だが、プロ入り後はなかなか結果を残せず、過去6シーズンでわずか6安打に終わっていた。
 
 この念願の初本塁打を打った24歳と幼馴染だったのが、ザンクト・パウリのFW宮市亮だ。宮市の父親は、社会人野球のトヨタ自動車の元選手で、磯村の父とチームメイトだったのだ。宮市自身も、少年時代はサッカーと野球を両立し、サウスポーで投手を務めていたという。
 
 ふたりは同じ高校に進学し、クラスも一緒だった。2012年に宮市が日本代表に初招集された際には、磯村が「テレビでガンガン応援したい」とエールを送っている。
 
 その宮市は6月28日、紅白戦中に右膝前十字靭帯断裂という大怪我を負ったばかり。磯村の一発が、失意の親友に捧げる「励まし弾」となった。
 
 ちなみに、ふたりの高校の同級生には、もうひとり有名人がいる。元SKE48でチームEのリーダーも務めた梅本まどかだ。
 
 名古屋グランパスの熱烈なサポーターとしても有名な梅本は、高校ではチアリーディング部に所属。宮市のいるサッカー部や磯村のいる野球部をスタンドから応援していたという。
 
 磯村の初ホームランには、「同級生の活躍ホント嬉しい♥おめでとう!」とツイート。やはり、同窓の活躍が気になるようだ。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

最終更新:7/4(火) 11:30
SOCCER DIGEST Web