ここから本文です

SNSの拡散力で変わり種が増加。新機軸の“食べ放題&飲み放題”がすごい!

7/4(火) 11:00配信

週プレNEWS

食べ放題―それは漢(おとこ)たちに至福の時をもたらす甘美なるいざない。決まった金額さえ払えば、好きな料理をたらふく食べられる時間を満喫できるのだ。

【写真】約20種類のトッピング!

さて、食べ放題と聞くと、まず焼き肉あたりが頭に浮かぶと思うが、最近は新機軸ともいえる食べ放題が増えているそう。そこで、いくつかの変わり種食べ&飲み放題のお店に行き、実態を調査した!

* * *

実食調査をする前に、なぜ変わり種の食べ放題が増えているのか、『All About』で「ブッフェ・フレンチ」ガイドを務める東龍(とうりゅう)氏に伺った。

「近年、SNSの普及により、情報が拡散されやすくなりました。そこでより多くの人の目に留まるようにと、他店とは違った特色のある食べ放題を打ち出し、集客につなげようとしているのでしょう」

確かに、近頃はツイッターやインスタグラムの投稿から人気に火がつく飲食店も珍しくない。でも、話題性はともかく、味やコスパは!?

ということで、まずは今年3月に浅草にオープンし、ネットでも話題となった「拉麺ビュッフェBUTA」へ。

こちらはなんと1050円で豚骨ラーメンが食べ放題! トッピングやサラダ、デザートなども含まれているのだ。

店に入ると20種類以上のトッピングの山が!! 煮卵、チャーシュー、メンマなどの定番はもちろん、豚角煮や麻婆豆腐まで取り放題!?

ひとまず角煮、煮卵、キクラゲを皿に盛って席に着く。

制限時間は30分。ならば、一心不乱にすするのみ。ラーメンが到着し、実食開始!

初めに麺をひと口。豚骨のうまみが凝縮したスープが絡んで、うんまぁぁい! トッピングの卵は味が染みているし、角煮はホロホロで絶品。

正直、食べ放題だから味には期待できないだろうと疑っていたが……スマセン!!

あっという間に完食して替え玉を注文。どうせなら、普段は追加料金が怖くてできない、トッピング全種盛りにも挑戦だ! そんなこんなで俺流カスタマイズを数種類試しタイムアップ。記録は11玉!







けっこう食べたな。久野店長、食べすぎちゃいました!

「いろいろなトッピングを試されていましたね。好みの組み合わせは見つかりましたか?」(久野店長)

肉の全部のせが最高でした! スープもトッピングも手がかかっているのでは?

「そうですね。すべて手作りで、特にスープにはかなりこだわっています。ラーメンはスープが命ですから」(久野店長)

これまでの最高記録は21杯とのことだが、トッピングをたくさん食べれば、コスパはかなりよさそう♪

★「週刊プレイボーイ」29号(7月3日発売)『この新機軸 食べ放題&飲み放題がすごい!!』では、たこ焼、から揚げ、おでん、刺し身など、ありそうでなかった食べ放題の新ジャンルを一挙紹介!

●拉麺ビュッフェBUTA
東京都台東区浅草2-11-7 森口ビル1F TEL03-5828-0055
営業時間/月曜~金曜11時30分(土曜・日曜・祝日は11時)~22時 水曜定休

(取材・文/日下部貴士、昌谷大介[A4studio])

最終更新:7/4(火) 11:00
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.39-40
9月11日(月)発売

特別定価500円(税込)

米中「サイバー宇宙大戦」は始まっている!
/アップデートせよ防空法/ハリルジャパン
 ロシアまでの強化プラン【グラビア】齋藤
飛鳥/大原優乃/渡邉幸愛/塩地美澄 他