ここから本文です

「やっぱりカカシ先生は頼りになる!」 アニメ「BORUTO」13話、はたけカカシの登場にファン感激

7/4(火) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 2017年6月28日(水)にアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の第13話が放送された。はたけカカシが久々に登場し、「カカシ先生キター!」「6代目って呼ばれてるの新鮮すぎる」とファンが大興奮している。

 13話「魔獣、現る…!!」では、里を騒がせていたゴースト事件の犯人が忍者学校(アカデミー)の生徒・筧スミレであることがミツキの口から明かされた。ボルトはその事実をすぐには受け入れられないが、同じように事件を追っていた7代目火影・ナルトも首謀者がスミレであると結論を出そうとしていた。

 そんなナルトの元に、元火影・はたけカカシが現れ、スミレの体に“牛頭天王”が封印されているという独自の調査結果を報告。病院にいたスミレは正体を隠し通せないことを察して抜け出し、追っ手に捕らわれる直前に魔獣“鵺”を呼び出した。魔獣は巨大な姿をしており、暴れたらたちまち里が壊滅してしまう。魔獣を止めるためカカシは雷のような忍術・紫電を放ち、他の忍者と共に魔獣の行く手に立ちふさがる。

 カカシの戦闘シーンに視聴者は「やっぱりカカシ先生は頼りになる!」「やだ6代目かっこいい…!!」「まだまだ現役じゃないですか」と感激。さらにカカシが放った紫電は小説『NARUTO-ナルト- カカシ秘伝』で登場した技のため、「ついにカカシの紫電が映像に…!」「紫電って聞いた瞬間ときめいた」とカカシファンは大盛り上がり。

 魔獣の周りに結界を張り、カカシや他の忍者たちは戦闘を続ける。するとそこにナルトが現れ、魔獣を食い止める戦いに加担すると言い出した。しかし魔獣は忍者のチャクラを吸って自らの力としているため、カカシはナルトに引き下がるよう指示を出す。

 このシーンには「カカシ先生はなんだかんだ先生なんだよね」「ナルトに指示出すカカシ先生とか久々すぎて」と、2人が教師と生徒であった頃を思い出す声が続出。『NARUTO-ナルト-』時代からのファンにはたまらない回となったようだ。

■アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
放送日時:毎週水曜 17:55~
放送局:テレビ東京系※リピート放送 テレビ東京系 毎週土曜 7:00~/BSジャパン 毎週火曜 深夜0時58分~
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/