ここから本文です

子育てが終わった夫婦二人で楽しめる「余裕のある」最新ミニバン5車種!【ライフスタイル別クルマ選び】

7/4(火) 15:33配信

clicccar

ミニバンというとファミリーカーのイメージが強いですが、圧倒的な広さを誇る室内空間や豪華さは魅力です。ここでは、子育てが終わったご夫婦にアクティブな第二の人生にピッタリのミニバンを紹介しましょう。

【この記事に関連する別の画像を見る】

■トヨタ・アルファード



ミニバンを高級車へとグレードアップさせたのがトヨタのLLサイズミニバン、トヨタ・アルファード。3代目となる現行型アルファードは2015年1月に登場しました。

低床フロアの採用やリアサスペンションにダブルウィッシュボーン式を採用し、広い室内空間と上質な走りを実現しています。搭載するエンジンは3.5LV6、2.5L直4。そして、2.5L直4エンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドの3種類。JC08モード燃費は9.1~19.4km/Lを実現し優れた燃費性能を誇ります。

エグゼクティブラウンジという豪華仕様を設定したアルファードの新車価格は319万7782~703万6691円です。

■ホンダ・オデッセイ



ホンダ・オデッセイはミニバンブームの立役者として1994年に初代モデルが登場しました。5代目となる現行型オデッセイは2013年に登場。上級モデルのエリシオンと統合したことで、シリーズ初のリアスライドドアを採用しました。

超低床のプラットフォームを採用することで、低重心を実現し高い走行性能を実現しているのが特徴です。スタンダードモデルとさらに走りに磨きをかけたアブソルートという2モデルを設定。搭載するパワートレインは2.4L直4ガソリンエンジンと2Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムの2種類。JC08モード燃費は12.8~26.0km/Lとハイブリッド車はミニバンの中でもトップレベルの燃費性能を実現しています。

単眼カメラとミリ波レーダーを採用し、クルマの前方の状況を認識し、ドライバーの運転を支援するホンダセンシングを設定したオデッセイの新車価格は276万~405万6400円となっています。

■三菱・デリカD:5



2007年に登場した三菱・デリカD:5は今年で登場から10年というミニバンのロングセラーモデルです。デリカD:5がこれだけ長く支持されるのは、4WD車は本格SUVに匹敵する悪路走破性を備えているから。

初代アウトランダーをベースとしたデリカ:D5は三菱独自のAWC(オールホイールコントロール)思想を導入し、4輪のタイヤ性能をバランス良く最大限に発揮させることで高いオールラウンド性能を生み出します。

搭載するエンジンは2Lと2.4L直4ガソリン、2.3L直4ディーゼルターボの3種類で、ミッションはガソリン車がCVT、ディーゼル車は6速ATが組み合わされます。JC08モードは10.6~13.0km/Lです。デリカD:5の新車価格は240万8400~405万5400円です。

■フォルクスワーゲン・シャラン



フォルクスワーゲンのミニバンラインアップで、ラージサイズミニバンとなるのが、フォルクスワーゲン・シャラン。2代目となるフォルクスワーゲン・シャランは2010年11月に登場しました。

シャランは全長4855mm、全幅1910mmという存在感のあるボディサイズですが、搭載されるエンジンはダウンサイジング化した1.4L直4ターボです。最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生し、JC08モード燃費は15.0km/Lとパワーと低燃費を両立させています。

プリクラッシュセーフティシステムなど安全装備が充実したシャランの新車価格は360万~467万9000円となっています。

■メルセデス・ベンツVクラス



メルセデス・ベンツが販売しているミニバンがメルセデス・ベンツVクラス。途中で名称が変わりましたが、3代目となる現行型Vクラスは2015年10月に日本に導入されました。

全長は4905mmのスタンダード、5150mmのロング、5380mmのエキストラロングという3タイプのボディを設定しているのが特徴です。搭載するエンジンは2.2L直4ディーゼルターボの1種類で、JC08モード燃費は15.3km/Lを実現しています。

駆動方式はFRのみですが、圧倒的な積載量が魅力のVクラスの新車価格は550万~819万円となっています。

(萩原文博)

最終更新:7/4(火) 15:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ