ここから本文です

走りの質感もさらに上質になった新型VWゴルフ!! Cセグメントの王者は不動!?

7/4(火) 18:33配信

clicccar

マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン・ゴルフ。フロントマスクをよりスッキリさせたスタイリッシュな顔つきとしたり、最新インフォテイメントシステムを搭載したりするなど、外装と内装(インパネ)の化粧直しと装備の変更といったのが主なメニュー。

【この記事に関連する別の画像を見る】



GTI、Rというスポーツ系モデルをのぞき、素のゴルフは走りに関しては、プレスリリースやカタログなどにはとくに触れられていません。



しかし、試乗したゴルフTSI ハイラインは、走り出しから「おっ!」と思わせてくれる完成度の高さで、改良前よりも一段と上質になっているのが印象的です。

まず、乗り心地の進化、熟成ぶりは明らかで、改良前と同様に硬めの足でありながら「芯のある硬さ」が影を潜め、しなやかになっています。それでいながら高いボディ剛性感もあって上屋の余計な動きはなく、連続するコーナーでも正確なハンドリングを披露。



1.4L TSIエンジンと7速DSGの組み合わせも変わっていません。140ps/250Nmというアウトプットも不変ながらも、どことなくエンジンとトランスミッションの加速マナーがより上質(スムーズ)になっている印象を受けました。



パワートレーン由来のノイズなども押さえ込まれている感じがして、動的質感がさらに引き上げられています。ファインチューニングの範囲内かもしれませんが、走りの味わいがさらに磨かれ、進化した機能面も含めてCセグメントの王者にはやり君臨するのはフォルクスワーゲン・ゴルフだと実感させられました。



(文/写真 塚田勝弘)

最終更新:7/4(火) 18:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)