ここから本文です

日経平均は2万1000円を超えたら「青空天井」相場へ?

7/5(水) 18:00配信

マネーポストWEB

 ここ最近、日経平均株価は2万円近辺を行ったり来たりの状態が続いている。そしてマーケットからは「今の価格だと怖くて買えない」というトレーダーの声も聞こえてくる。「2万円で買いポジションを保有した瞬間に株価が下落するのではないか」という恐怖心が出て来るからだ。では、今はどういうポジションをとるべきなのか? FX(外国為替証拠金取引)や日経225証拠金取引のカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが解説する。

 * * *
 6月30日の終値は2万97円(くりっく株365・日経225証拠金取引)でした。2万円をキープした状態で7月を迎えました。そしてマーケットには相変わらず「2万円の水準では安易に買えない」という投資家心理が蔓延しているように感じられます。

 また、「さすがにここまで上昇したら下落するのではないか」という考えから売りポジションを保有するトレーダーが増えているようです。くりっく株365の日経225証拠金取引に関するデータを見ても、これまで圧倒的に多かった買い残が明らかに減り、売り残が増えています。

 では、多くのトレーダーが考えるように、今後日経平均株価はガラガラと下落する可能性が高いのでしょうか?

 私自身はそのように考えておりません。少なくとも7月の中旬あたりまではむしろ上昇傾向が続くと考えています。なぜか? 売り残が増え、買い残が減っているというデータは、“相場は下落しづらい状況にある”ということを示すと考えられるからです。

「えっ、売り残が多いということは、下落すると考えているトレーダーが多いということだから、下落する可能性が高いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、それは逆です。売りポジションが多い状態の時は、売りポジションの買い戻し決済が入ってくるため、相場は下落しづらくなります。例えば相場が上昇すればするほど、ロスカットによる買い戻し決済が入り、むしろ相場を押し上げる要因になり得ます。

1/3ページ

最終更新:7/5(水) 18:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。