ここから本文です

韓国政府がひた隠す「元慰安婦の9割が日韓合意に納得」

7/5(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 駐韓日本大使と釜山総領事の“一時帰国”にまで日本政府を怒らせた「釜山総領事館前慰安婦像」騒動は、不法設置から半年経った。大使も総領事も現地復帰したが、韓国側では新政権発足という過渡期的状況下で動きはない。

 6月下旬、久しぶりに釜山を訪れたが、釜山・慰安婦像のたたずまいは、先輩格のソウル日本大使館前の慰安婦像に比べると意外に静かだった。ソウルでは反日学生たちが像のそばに不法ビニールテントを張り、寝泊まりして像を“死守”。周辺には横断幕やら張り紙やら無秩序に掲げられ、像には帽子をかぶせたり服を着せたり“擬人化”が盛んだが、釜山ではそんな雰囲気はまったくない。

 ソウルでは最強反日団体の「挺対協(挺身隊問題対策協議会)」のデモと集会が毎週、慰安婦像前で行われ、マスコミを賑わせているが、釜山ではそんな定例イベントもない。釜山では一時、慰安婦像に反対する市民が像の横にゴミをもってきて「一緒に捨てろ!」などという“親日パフォーマンス”さえあった。反日一色のソウルとは一味違う。

 韓国南端の港街・釜山は日本に近く、日本に対する親近感が強いせいか、本音ベースでは「(慰安婦像設置は)日本への不必要な嫌がらせ」という声も結構聞かれる。

 ところで釜山の慰安婦像は普通「総領事館前」といわれるが、実は正確にいうと「総領事館裏」である。慰安婦像があるのは総領事館裏門前の歩道なのだ。像の設置以来、裏門は閉鎖されているので通行人は通りがかりに「少女像」に気付いても何のことかわからない。

 6月に釜山総領事を解任された森本康敬・前総領事は、地元の区長を説得し設置直後の慰安婦像撤去をいったんは“成功”させている。しかし反日世論(?)の圧力に屈した区長の“裏切り”で後に像は黙認となり今にいたる。釜山慰安婦像の行方は中東のドバイ総領事から転じた後任の道上尚史総領事の手にゆだねられることになった。

 釜山総領事はこれまではノンキャリア(中級職)のコリア・スクール外交官の“上がり”のポストだった。今回、同じコリア・スクールでも道上氏のようなキャリア(上級職)の就任は史上初めての異例人事だ。よくいえば、釜山慰安婦像問題解決への日本政府の強い意思をアピールしたといえなくもない。

1/2ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ