ここから本文です

sora tob sakana・まなちゃん(14歳)の生誕祭はユル~く、のんびりと!

7/5(水) 6:35配信

ザテレビジョン

sora tob sakanaの山崎愛が6月16日に14歳の誕生日を迎え、7月2日に東京・ニッポン放送イマジンスタジオで「sora tob sakana山崎愛生誕祭『山崎生誕豚祭』」を行った。

【写真を見る】まなちゃん、バースデーケーキに笑顔!?

■ まなちゃん、「安心、安全な日々を過ごしたいと思います!」と誓う!

イベントは、この日の主役・山崎の「み、皆さん、こんばんは。本日は『山崎生誕豚祭』にお越しいただき、ありがとうございます」と、若干たどたどしいあいさつでスタート。

「本日はお菓子を食べながら、皆さんもノンビリ参加してください」という山崎の言葉どおり、ステージ上のメンバーも、会場のファンも、持ち込んだ“300円までのお菓子”を座って食べながら、イベントは進行していく。

冒頭で、山崎は「今日は、来年も私の生誕祭があったらなんですけど、それの計画を立てようと思います。いつもこの時期になると迷うんですよ。だから、今決めちゃえばいいんじゃない?と思ったので、決めます」と趣旨を説明。

その後、メンバーがお菓子とトークに夢中になっていると、神崎風花がケーキを持って登場する。「お誕生日おめでとう!」の言葉と共にケーキが贈られ、山崎は「安心、安全な日々を過ごしたいと思います!」と抱負を語った。

■ 来年のまなちゃん生誕祭はどうなる?

メンバーが「来年の生誕祭でやってほしい事」をファンに聞いていくことになり、山崎は「来年もユルくやりたいの」と希望を語る。風間玲マライカの「演技とかどう? 歌舞伎とか」という提案には、「演技っていうのは、とてもいいと思います。ただね、苦手なんだよね…」と不安な様子も。

ファンが「好きなアイドルについて語る」と声を上げると、「ゲストとして来てもらって、祝ってもらえばいいじゃん」(寺口夏花)、「確かに!」(山崎)、「そうしたら、まなちゃんのニヤけ顔が見られるんだね」(風間)と乗り気に。

「プラネタリウムでやる」というファンには「やりたい!」と答え、子供ファンの「(お菓子の)値上げ」という言葉には「いいかも!」と笑顔を見せる。

最後は、山崎が「じゃあ、こんな感じでお菓子を持ち込んで、それを500円にする。あと、演劇を入れる、プラネタリウム、たくさん食べる、お食事会、アイドルさんを呼ぶ。候補が決まりました! もしかしたら、来年まで覚えてなくて、すっぽかしちゃうっていうこともあるかもしれないけど、でも参考にしたいかも、です!」とまとめた。

■ ファンからの質問に答えていく中で、ふぅちゃんの恥ずかしい(?)過去が明らかに!?

「いつもサカナはそんなに喋れないから、もう1つ企画を用意しました」(山崎)ということで、質問コーナーへ。ファンからの質問に、メンバー4人が答えていく。

「今、ハマっている音楽は?」に、「ボカロにハマっていて、『Leia』っていう曲が好きです」(山崎)、「ライブに行ってすごいハマった、Mrs. GREEN APPLEさんの曲をめっちゃ聴いてます」(神崎)、「今、洋楽しか聴いてなくて。CHVRCHESとか、ジャスティン・ビーバーとか、その辺聴くよ」(風間)と、それぞれが回答。

そんな中、寺口の「最近よく思い出すのは、ボカロの『深海少女』。思い出すだけで、聴いてないけど」という一言に、神崎が「なっちゃんの回答、いつも楽しみにしてる」と喜ぶ一幕も。

「まなちゃんが1番得意な物まねを教えてください」というリクエストに、山崎は“寺口が大声を出す時のまね”を披露。「それ、れいが怒る時のやつ?」(風間)、「やり切ったのがすごい!」(神崎)とメンバーから絶賛され、ファンからも大きな拍手が送られる。

また、なぜか「愛しのまなちゃん、私より愛を込めて」といった内容の、寺口からの手紙が混ざっており、山崎は「去年の6月19日に籍を入れたんだよね。その設定、忘れてたんだけど…」と戸惑いを見せた。

「好きなアーティストと曲を教えて」という頼みでは、山崎は「虹のコンキスタドールさんで『電光石火、夏花火。』が大好きです! あのね…いいぞ!!」と薦める。

一方で、寺口の「自分が聴くのは大体好き」という発言には、神崎が「それを聞きたいんだと思うよ」と的確なツッコミを入れていた。

その神崎は、「『たけのこの里』と『きのこの山』、どっちが好き?」という話題で1人だけ「きのこの山」派となり、「この質問、嫌いなの」と不満げ。山崎は「そもそも私、チョコが苦手なんだ」と、根本から否定してしまう(?)。

さらに、神崎は「14歳といえば中二病真っ盛りですが、何かそれっぽいセリフは思い浮かびますか?」と聞かれると、「小学校の時、友達とそれぞれ自分に名前を付けてたの。ふうかはデビルフラワー!(笑)」と恥ずかしい過去を明かした。

コーナーを終え、山崎は「すごい楽しかった」と満面の笑顔。ライブでは「silver」「Brand New Blue」などを歌い、イベントを締めくくった。

■ まなちゃんから恒例のメッセージ!

――イベント、お疲れさまでした。無事に終えた、今の気持ちをお聞かせください。

山崎:すごく楽しくできました。おいしかったです! もう満足です!!

――どんな14歳にしたいですか?

山崎:安心、安全な毎日を過ごします!

――そんな山崎さんに、メンバーの皆さんから一言お願いします。

風間:まなちゃんは、このままもっと成長して、いい感じの人になってほしいです。

寺口:ちょっと育て方を間違えてしまって(笑)。

風間:今はオタクなんですけど、普通の人に戻していきたい!

寺口:戻せるように、今年から頑張っていきたいです。

風間:携帯もちょくちょく没収して、ゲームを消していきたいと思います(笑)。

寺口:私がその分、引き継ぎたいと思います!

風間:1番の原因はなっちゃんなんですよ。

寺口:そうなんですよ。間違えてしまったので、ちゃんとした人間に戻そうと思います(笑)。

風間:頑張ろうね、みんなで!

神崎:頑張ろう! 普通の人間に戻します。

寺口:残念な美少女じゃなくなるんですよ。ただの美少女になるんです!(笑)

――言われ放題ですね…。

山崎:超ヤダ! お母さんみたい、ホント!!(笑)

寺口:お母さんみたいなもんだよ!!

山崎:お母さん!

寺口:やあ、娘!

風間:待って、結婚してるんじゃないの?

寺口:設定がいろいろあり過ぎる…(笑)。

――では、締めは山崎さん恒例のメッセージでぜひ!

山崎:皆さん、元気ですか? 私は元気です。今日も元気でした。だから楽しかったです。14歳も元気で楽しく! ありがとうございました。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円