ここから本文です

199万円からのプジョー208限定車 ファーストセレクションは買いか?

7/5(水) 12:00配信

BEST TIMES

ファーストセレクション 

 プジョー208が199万円からの価格設定で発売されるという。輸入車の曖昧な価格設定に苦言を呈してきたkuluma.jpとしては気になる数字だ。

 240台限定の208の名前は、ファーストセレクション。
 大抵、最低価格は乗れるような装備じゃないが、今回はどうだろうか。
 まず、搭載されているものとして打ち出されているのが、i-Cockpit。小さいハンドルの上からモニターするプジョーの方法と、7インチのタッチスクリーンが付いてくる。ブレーキはレーダーによる自動ブレーキ(5~30km)。そして、エンジンは1.2リットルターボの普通のもの。

 メンテナンスプログラムは、ライトプランをプレゼントとなっている。

 他はクルーズコントロール、ライトはLEDランプ付きハロゲンヘッドライト、フォグランプ、オートワイパー、オートヘッドライトと、VWポロだったら完全にオプションとなるものがだいたい付いている。

 エアコンは花粉フィルター付きながらマニュアル。シートはもちろんファブリック。リアシートは6:4分割可倒、6スピーカー。

 ホイールはスチールの上にキャップという廉価版。

 ペイントによるオプション価格もすでに含まれている。

 208のATは217万円からスタートし、白以外の色は4万円以上する。

 ナビやフロアマットを付けず、ライトプランにして、諸経費278,570円。限定車はライトプランが入っているが、おそらく諸経費が入っていないことを考えて、相当お得な価格かもしれない。限定車に含まれていないのは、バックソナーとスーパーティンデッドガラス。
 MTは199万円と、限定車と同じ価格からスタートするが、1.2リットルノンターボ(自然吸気が好きな人はこっちがいい)。

 結論として、この208限定車を購入しても、エントリーモデルとしての強烈な不満を感じることはない。

 気になるとしたらホイールとマニュアルエアコンくらいで、他社同エントリーと比べても装備は充実している。

 あとはナビ設定で20万程度のオプション価格になるかどうかくらいだ。

 エントリー価格で装備もしっかり付けているという輸入車は評価大。

 他社がよくやる、「エントリー価格で売る気はない」のとは違う。

 なので、250台のオーナーはラッキーだと断言できるだろう。

  

文/kuluma.jp編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。