ここから本文です

ツール・ド・フランス第4ステージでサガン失格!

7/5(水) 9:00配信

CYCLE SPORTS.jp

マイヨ・ベール、記録更新ならず

7月4日に開催されたツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)第4ステージのゴールスプリントで、英国のマーク・カヴェンディッシュ(チームディメンションデータ)を落車させる違反行為があったとして、世界チャンピオンのペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)に失格の処分が下された。

サガンとカヴェンディッシュは、フィニッシュラインの手前数100メートルでアレクサンダー・クリストフ(チームカチューシャ・アルペシン)、アルノー・デマール(FDJ)らの右後方にいた。カヴェンディッシュが右側のフェンス沿いに進んでいた時、サガンが車体を寄せただけでなく、右ヒジを突き出してカヴェンディッシュを押しやったため、カヴェンディッシュはフェンスの支柱にぶつかって転倒した。

そしてすぐ後方を走っていたジョン・デゲンコルプ(トレック・セガフレード)とベン・スウィフト(UAE・チームエミレーツ)も、倒れたカヴェンディッシュにぶつかって巻き込まれた。

カヴェンディッシュが所属するチームディメンションデータからのアピールを受け、当初UCIのレース審判は、区間2位でゴールしたサガンを区間115位への降格処分とし、30秒のペナルティタイムを課した。

ところがゴールから2時間近く経過した後で、レース審判は判定を変え、世界チャンピオンのサガンを失格処分としたのだ。これで彼の6年連続マイヨ・ベール獲得という記録もなくなってしまった。

最終更新:7/5(水) 9:00
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円