ここから本文です

【宗教学者・島薗進】が警鐘を鳴らす!生死をコントロールできる“科学の宗教化”がキケン!

7/5(水) 15:00配信 有料

サイゾー

――昨年から今年にかけて、「長生きは幸せなのか?」と問う本が続々刊行されている。高齢化社会が叫ばれて久しく、昨今では、平均寿命100歳時代が来るともいわれる中、その死生観を宗教学者はどう捉えているのか? 話題の書とともに、話を聞いた。

 現代社会において、長生きする過程には数々の“苦痛”が待ち受けている。そんな中で長生きすることは、本当に幸せなことなのだろうか?

 近年、そんな高齢化社会に疑問を呈する、いわゆる「長寿問題視本」が増え始めている。それらの書籍は、「無縁と孤独」「老後破産=貧困」などがもたらす「絶望」という観点から高齢化社会の現状を見つめ、事態の深刻さを訴える。

〈医療の向上と食事の充実、便利で快適な生活、自立も自活も叶わずとも生き続けられる社会システムは、それまでの「何となく生きて、ほどほどで死ねる」時代から、「限界まで生きて、仕方なく死ぬ」時代を作り出した〉

 この一文は、長寿が生み出す苦しみに迫ったルポルタージュ『絶望老人』【1】のあとがきに添えられたものだ。著者は、長生きという現象の中で、いかに老人たちが経済的に、社会的に“疎外”されていくかについて、現場の声とともに説いている。

 また、孤独死の問題を扱った『孤独死大国 予備軍1000万人時代のリアル』【2】の内容も衝撃的だ。現在、日本では年間で約3万人が孤独死をするといわれている。そしてその多くが、「セルフ・ネグレクト」や「飢餓」、「社会とのつながりの喪失」などに苦しむ高齢者だ。

 長生きすることが“善”とされていた死生観が、激しく揺れる現代日本。それら「長寿問題視本」の登場を、日本を代表する宗教学者はどう見ているのか? 今回、上智大学大学院実践宗教学研究科教授・島薗進氏に、宗教関係者の立場を聞いた。

「東日本大震災の被災地で活動する宗教関係者からは、仮設住宅に住む少なくない高齢者が、自殺願望を持っているという報告も上がってきています。体力的にも衰え、それまで築いてきた社会とのつながりを失い、希望もやりたいこともない。つまり、生きていくことがおっくうという感覚が蔓延してしまっている」

 島薗氏は、「被災地では若い人が自殺をほのめかす場合もある」と話す。ただそこには、“生まれ変わり”願望など、新しい自分になりたいというポジティブな欲求が隠れているケースが多く、高齢者のそれとは少し異なる問題だと付け加える。本文:6,371文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7/5(水) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年10月号
9月19日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:閲覧注意な動画
第2特集:哲学的水着グラビア
第3特集:MC漢、小学生と"ビーフ"対談