ここから本文です

理想と現実にギャップありすぎ! 働く女性の「アフター5」の実態とは?

7/5(水) 12:02配信

Suits-woman.jp

仕事で忙しい日々……就業後は好きなことをするぞー!! と思っても、現実はなかなか難しいものですよね。株式会社メイクアップが、20~30代の働く女性500名を対象に、「働く女性のアフター5に関する調査」を実施。みんなのアフター5には、かなり理想と現実のギャップが!?

女性のアフター5、理想と現実のギャップ

まずは、「アフター5」という言葉についてどう思うかを聞いてみたところ、61.6%のという人が「キラキラしている」という印象を持っていることが判明。自分がどうであるかは置いておいて、言葉自体にはキラキラした印象を抱く女性が多いようです。

しかし、実際の「アフター5についての過ごし方の意識」については、69.2%が「たまには、自分の好きなことをして、キラキラしたアフター5を過ごしたい」と回答しています。“たまには過ごしたい”という赤裸々な想いが……。普段はなかなか思うようなアフター5が過ごせていないことがうかがえます。

仕事終わりに自分の時間がないと答える女性が多いなかで、アフター5を妨げている要因について探ってみました。

●アフター5を妨げていると思うもの

1位:残業(66.3%)
2位:家事(44.0%)
3位:仕事の飲み会(19.9%)
4位:プライベートの飲み会(10.8%)
5位:その他(10.2%)
6位:スキンケア(7.2%)

最も多かったのは「残業(66.3%)」。キラキラどころか、残業によるツラいアフター5を過ごしている女性が多いようです。2位には「家事(44.0%)」が入っており、帰宅後もやらなくてはいけないことが多く、疲れている女性の姿が想像できます。さらに、3位には「仕事の飲み会(19.9%)」と、サラリーマン顔負けの過酷な日常を送っていることが垣間見える結果となりました。上司や取引先との飲み会は気を遣う上に、なかなか自分のペースで帰ることが難しく、ネガティブな印象を持っている女性は少なくないよう。

1/2ページ

最終更新:7/5(水) 12:02
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。