ここから本文です

残された時間は何をする?人生後半を輝かせるための3つの質問

7/5(水) 18:10配信

サライ.jp

年を重ねるにつれ、人生での後悔や、残りの時間をどう生きていくべきかが頭をよぎるのは、サライ世代共通の悩みかもしれません。

「今日1日を大切に過ごすことで人生は変わっていく」と語るのは、これまで20年以上も人生の最終段階の医療に携わり、数多くの人を看取ったホスピス医師・小澤竹俊先生です。

今回はそんな小澤先生の『2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート』(アスコム刊)から、後半の人生を輝かせるための3つの質問をご紹介しましょう。

質問に対する答えは短くても構いません。回答を考えるだけでも、人生に肯定的になったり、何らかの発見があるかもしれません。

【Q1】最近、身近な風景や自然に心を動かされたことはありますか?

健康な時は、仕事や家事、趣味、人間関係など様々なことに追われて生きがちな私たち。同じような毎日の暮らしの中で、「何のために生きているんだろう」と思ってしまうこともあるでしょう。

でも小澤先生はこう語ります。

「私たちは自然の恵みをうけてこの世界に生きています。苦しみを抱えたとき、人生の意味がわからなくなったとき、身の回りの自然に目を向けてみましょう。

老年期には大切な人を失って、『自分なんて生きていても仕方ない』といった気分になってしまうこともあります。それでも自然の美しさや豊かさに触れることで、抱えていた悩みが小さく感じられ、人生の見え方は少しずつ変わってくるはずです」(小澤先生、本書より)。

【Q2】今日が人生最後の日だとしたら、どんな自分でいたいですか?

謙虚であること、遠慮すること、我慢することは、それぞれ異なります。この3つを混同させないことが後悔なく生きる秘訣と、小澤先生は説きます。

「感謝する気持ちは謙虚さから生まれます。謙虚さは心穏やかに生きていく上で必要ですが、遠慮や我慢をしすぎると苦しみに押しつぶされたり、大切なものを失ったりすることがあります」(本書より)

「仕事だから」「みんな頑張っているから」と休まない人や、「申し訳ないから」と公的な援助に頼れない人など、健康な人でも限界を超える遠慮や我慢をしてしまう人はたくさんいますが、穏やかに幸せに生きるために、そしてこの世を去る最後の瞬間に後悔を残さないために、ときにはそれらを手放すことも必要です。

【Q3】亡くなった家族や友人は、今、あなたにどんな言葉をかけてくれるでしょうか?

何かを相談して決めるというのは、あとあと後悔しないためにも重要です。

「悩んだときは一人で抱え込まず、信頼できる人に相談してみることです。生きている人でも亡くなった人でも、自然でも神様でも構いません。1人ではないと感じることができ、後悔することが少なくなります。また思いもよらなかった答えが導き出されることもあります」(本書より)

一人だけが責任を持って決めると、どちらを選んでもその人は必ず後悔することになります。誰かに相談することでより良い選択ができるようになり、後悔は少なくなるはず。

あなたの相談相手は誰ですか? 相談相手がいなければ、「亡くなったあの人なら、どうするか」と問いかけてみましょう。

*  *  *

以上、今回は『2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート』(アスコム刊)から、人生後半を輝かせるための3つの質問をご紹介しましょう。

毎日ハリがない、忙しすぎる、仕事を辞めて生きがいがない、生きる上での決断や方向性に迷った時は、ご紹介した問いかけを思い出してみてください。

【参考書籍】
『2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート』
(小澤竹俊著、価格:1000円+税、アスコム)

文/庄司真紀

最終更新:7/5(水) 18:10
サライ.jp