ここから本文です

スペインに建ち並ぶ「現代の遺跡」としての廃墟、虚しくも美しいその姿

7/5(水) 19:10配信

WIRED.jp

廃墟は美しい。日本でも見られるような遊園地や旅館の廃墟はどこか人の気配を感じさせる湿っぽさがあるが、写真家ロイク・ヴェンドラメが撮影したスペインの廃墟は妙にカラッとしている。彼の撮影した廃墟はミニマルだが、確かに廃墟であり、虚しい美しさを携えている。

荘厳、巨大!閉鎖された「発電所の冷却塔」に行ってみた

廃墟ブームが根強い人気だ。世界各地の廃墟の写真集は毎年出版されているし、「軍艦島」という名前で知られる長崎県・端島では観光ツアーが行われているほか、島内の景色を3Dデータ化してVRで体験するプロジェクトも進行している。それだけ廃墟は人々の心をつかんでいるということだろう。本来の用途を失って朽ちゆく建物の様子は虚しくもあるが、そこには退廃的な美がある。

廃墟が好きなのは何も日本人ばかりではない。フランス出身の写真家、ロイク・ヴェンドラメもまた、廃墟に魅せられた者のひとりだ。もともと建築写真を撮影していた彼は自身の作品制作が堂々巡りに陥ってるように感じ始め、2016年から廃墟の撮影を始めることに決めた。スペインのマドリード州やムルシア州を回って撮影した写真をまとめてつくり上げられたのが『FUTURE RUST, FUTURE DUST』という作品だ。すでに、スペインだけでなく台湾やポルトガルでも撮影は行われており、南欧のほかの国やアジアでもさらなる撮影が予定されている。

彼が撮影した廃墟のいくつかは、日本で暮らすわたしたちにとっても見覚えのある風景だ。つくりかけの高速道路や平原を切り開いてつくられる道路は、ときに日本の埋立地の風景とも重なり合う。一方で、壁も内装も消え去り柱と天井だけになってしまった建物は、少々奇妙に感じられる。それらは確かに廃墟といえば廃墟なのだが、廃墟の割には妙にミニマルで人の痕跡が感じられず、彫刻作品のようにもみえる。

「こうした場所の雰囲気が好きなんです。わたしたちはどこにいるのか、ここで一体何が起きたのかを考えてしまう。ここでは風の音が聞こえるだけですから」とヴェンドラメは語る。「新しい場所を見つけるといつも、道をつくったりネットワークを張り巡らせたり資材を運んだりするために注がれた、エジプト王を思い起こさせるようなエネルギーについて考えてしまいます」。骨組みだけを残して荒野にたたずむ廃墟は、現代の遺跡とも呼べる。

ヴェンドラメはこのプロジェクトの目的を尋ねられ、「こうした風景の美学や建物のデザインを描き出したい」と語った。一方で、これは「人類の狂気」を描き出したものでもあるのだという。「こうした場所がいかに不安定で、人類の狂気やお金がどれほど生命と自然を破壊してしまったのかを描きたいと思っています」。彼が撮影した廃墟は、おもに住宅バブルが弾けたことで放棄されてしまった建物だ。廃墟の虚しい美しさとは、ついそこに在りし日の姿を重ねてしまうことから生まれてくるのかもしれない。

WIRED.jp_IS

最終更新:7/5(水) 19:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc