ここから本文です

『ワイスピ』降板もある!?ミシェル・ロドリゲスの訴えとは

7/5(水) 23:00配信

コスモポリタン

映画シリーズ『ワイルド・スピード』で重要な役どころであるレティを2001年公開の1作目から演じ続けている女優ミシェル・ロドリゲス。「女性は強くても美しい」ことを体現する彼女が、『ワイルド・スピード』の女性へ対する扱いについて訴えたいこととは…?

だまされたと思って一度『ワイスピ』をご覧あれ!【よしひろまさみちの私的エンタメ】

ミシェルが投稿したInstagram

Instagramを通して、シリーズ内での女性の扱いについて語ったミシェル。一見『ワイルド・スピード ICE BREAK』のDVD発売を宣伝しているようにも見えるけど、そのコメントから感じられるのは彼女が長年抱いてきた不満。

「シリーズ8作目のデジタル版が今日公開になりました。次回作では女性への愛を示して制作してくれることを願っています。さもなければ、私は多くの人に愛されているシリーズを降りることになるかもしれません。楽しい道中でしたし、長年ファンやスタジオが与えてくれた機会に感謝しています。じゃあね」

5月にインタビューで語った「女優同士の共演シーンの少なさ」

ミシェルは5月にも<Entertainment Weekly>のインタビューで共演女優とのシーンについてこう語っていた。

「(ヴィン・ディーゼル演じるドミニクの妹ミア役の)ジョーダナ・ブリュースターとは16年も共演しているけど、スクリーンで彼女とセリフを交わした回数は片手で数えられるだけしかないわ。悲しいし、創造性に欠けているとしか言えないわね」

同シリーズには『ワンダーウーマン』で話題のガル・ガドットやシャーリーズ・セロン、ラムジー役のナタリー・エマニュエルなどが出演していて、1作目と比べると女性陣は増えている様子。しかし、それでも女性同士の共演シーンは少ないとミシェルは語る。さらに、『ワイルド・スピード』に限らず、映画界は女性に対する偏見が蔓延しているという。

「男性の脚本家は女性のセリフを作ることが下手だし、女性のことを知らなすぎる。『女性にはできない』と決めつけることが多いけど、女性でも車のパーツに詳しい人だっているのよ。そういうことを映画で表現することが女性を理解してもらう1つの方法だと思う。表現できれば多くの人をインスパイアできて、現実の世界でも女性はもっと活躍できるようになるんじゃないかしら」

1/2ページ

最終更新:7/5(水) 23:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。